「X-MEN」豪華日本版ポスター、総勢11人の“最強の布陣”が集結。

写真拡大

「アベンジャーズ」を超える、250億円以上という総製作費も話題の人気シリーズ最新作「X-MEN:フューチャー&パスト」。その日本完全オリジナルの劇場用本ポスターがこのほど完成し、4月19日(土)から全国の劇場で一斉に解禁されることがわかった。

本作はシリーズ全作に出演したヒュー・ジャックマンはもちろん、“未来”と“過去”2つの時代が舞台になるため、「X-MEN」の中心キャラクターである両巨頭、プロフェッサーXとマグニート役でWキャストが実現。前者をパトリック・スチュワートとジェームズ・マカヴォイ、後者をイアン・マッケランとマイケル・ファスベンダーと、時を超えた豪華共演に興奮が高まる。

さらに、ミスティークを演じるジェニファー・ローレンス、ストームを演じるハル・ベリーといったオスカー女優のほか、総勢11人の最強の布陣がポスターに集結した。悲劇的な近未来と、史実も絡んだ70年代。2つの時代で迫るタイムリミットが緊迫感を生み、滅亡が迫る世界を背景にすべての能力を集結して史上“最恐”の兵器「センチネル」に立ち向かう姿は、壮絶なバトルアクションが期待できそうだ。

映画「X-MEN:フューチャー&パスト」は5月30日(金)、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。