日本相撲協会は4月3日に九重親方(元横綱・千代の富士)を無気力相撲をチェックする「監察委員」とした。一方で41歳の最年少理事に選ばれた貴乃花親方は、「広報部長」と並んで協会ナンバー3とされる「総合企画部長」(ファンサービスなどを担当)に就任した。

 こうした中、協会は「次期・貴乃花理事長体制」に向かって、形勢が固まりつつあるという。

「貴乃花シンパの若手親方を中心に、一門の枠を超えてまとまりつつあるんです。最大派閥である出羽海一門から、“貴乃花派”を表明した玉ノ井親方(元大関・栃東)が古参親方を抑えて副理事に登用されたし、時津風一門の錣山親方(元関脇・寺尾)が理事選で貴乃花親方に投票したことが知られるなど動きを見せている。また、浅香山親方(元大関・魁皇)は伊勢ヶ濱一門の友綱部屋から独立して、貴乃花派への移行を準備しているといわれています」(協会関係者)

 関係者らの話を総合すると、北の湖理事長は今後、ナンバー2の八角親方をワンポイント理事長に据え、その時に貴乃花親方を事業部長に起用。1期終了した後に、晴れて「貴乃花理事長」の誕生という絵を描いているようだ。

 実際、今回の人事の貴乃花親方の重職兼務について、北の湖理事長は、

「精進してきた貴乃花は相撲道の鑑。あらゆる仕事を覚えて、将来を担うために頑張ってほしい」

 とエールを贈っている。

※週刊ポスト2014年4月25日号