働く女子が家飲みで使った最高額「10万円。ホテルのご飯を購入」「1万円。宅配ピザが高くついた」

写真拡大

家飲みといえばどんなイメージがありますか? 安い? みんなでワイワイ? 大切な誰かとリラックスできる? 最近は女子たちの間でも家飲みが定着してきました。そこで、働く女子たちから、これまでもっとも多くお金がかかった家飲みの様子をリサーチしてみました。

■豪華がいいね

・「約10万円。おいしいお酒、ホテルのご飯を買って食べた。ホテルに行かずに家でお祝いをしたかったから」(29歳/金融・証券/営業職)

・「約3万円。友人と一緒に、共通の大好きなお酒『ヘネシーXO』で約1万5,000円、あとはほかにも洋酒をいろいろ買ったり市販のつまみも買い、手作り料理用の材料も新鮮なものを買いました。楽しかったです。外で同じコースをしたら、倍以上はしたかなと思うくらい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「1万円。クリスマスパーティーで、『モエ・エ・シャンドン』や、お取り寄せ、『トシ・ヨロイヅカ』のケーキなど、高級なものを楽しんだ」(31歳/情報・IT/技術職)

・「彼氏の誕生日のお祝いで5,000円のシャンパンを買ったのが一番最高です。いろいろおつまみをそろえて、お祝い。すごく喜んでくれました!」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

家飲みの最大の魅力はリラックスして、まわりを気にせず楽しめること。そしてあこがれのあのお酒やあのグルメにも手が届くことです。特別なときにちょっと奮発すれば、何より大切な人との楽しい時間を得ることができそうです。

■やっぱり安上がり!

・「6,000円くらい。お取り寄せの鍋で鍋パーティーをして、少しいい日本酒もたくさん買ったので。お店でやったら1人2万くらいすると思うので、家飲みは安上がり」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「5,000円! 女子3人で。お菓子とお酒とごはんを大量購入し『恋空』という映画を見ました」(25歳/医療・福祉/営業職)

・「3,000円。いいお酒をみんなで持ち寄り、海沿いの人に魚をもってきてもらって鍋!」(25歳/その他/事務系専門職)

居酒屋より断然安いのが家飲みの魅力。みんなで ワイワイ楽しく飲むのが家飲みの醍醐味(だいごみ)です!

■安く上げるつもりが……

・「ピザを頼んで、いろんなカクテルなど買いそろえたら、1人約4,000円かかってしまった。だったら居酒屋に行けばよかったと思った」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「3,000円くらい。上等な日本酒を買ったので、飲み屋と同じ位かかった」(26歳/機械・精密機器/営業職)

・「1万円くらい。宅配ピザを頼んだら、高くついた」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「5,000円。カニを買ったら、高くなった」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

安く上げることだけを目的に家飲みにしたのに、結果的に居酒屋と同じ額を払うはめになることも……。とにかく安く上げたいなら宅配ピザや高級食材はて手をださないほうがベター。

■う〜ん……

・「自分の自宅での飲み会だと、いつもだいたい6,000円ぐらい。最高だと、2人だけなのに1万円もかかってしまったことも。もちろん、自分が全額負担……」(31歳/マスコミ/事務系専門職)

リラックスできて楽しめるのが家飲みの魅力なのですが、ときにはこんなことも。場合によっては家飲みのルールを作ったほうがいいこともありますね。

いかがでしたか? 「楽しく女子会」「彼と豪華に」などなど、家飲みにもさまざまな楽しみ方がありますね。あまり金額のことばかりにとらわれず、家飲みで誰とどうしたいかを考えた方が、楽しい時間が過ごせそうです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数294件(22歳〜34歳の働く女性)