『野のなななのか』 ©2014 芦別映画製作委員会/PSC

写真拡大

北海道・芦別を舞台にした大林宣彦監督の新作映画『野のなななのか』が、5月10日から北海道内で先行公開されるほか、5月17日から東京・有楽町スバル座で公開される。

【もっと写真を見る】

『野のなななのか』は、ある老人の死をきっかけに明らかになっていく過去と共に、戦争末期における樺太で起きたソ連軍侵攻の歴史を紐解きながら「平和」や「生きる事」について語りかける作品。2012年に公開された『この空の花 長岡花火物語』の姉妹編ともいえる内容になっているという。なお、タイトルの「なななのか」は四十九日を意味する。

大往生を遂げた風変わりな古物商を営む元病院長・鈴木光男役を品川徹、光男の死後に現れる謎の女・清水信子役を常盤貴子が演じるほか、キャストには、村田雄浩、松重豊、柴山智加、山崎紘菜らが名を連ねている。さらに、音楽を担当するパスカルズが劇中にも「野の音楽隊」として登場。パスカルズの全メンバーが揃って映画に出演するのは初めてとのこと。