マスターズの優勝争いは、バッバ・ワトソン(35歳/アメリカ)と、ジョーダン・スピース(20歳/アメリカ)との一騎打ちとなった。

 PGAツアーの選手たちによる『バイブルスタディ(聖書研究会)』のグループメンバーでもあるふたりは、普段から兄弟のように仲がよく、「実は、練習ラウンドで(ワトソンと)一緒に回ったときに、『最終日、ふたりで最終組になって回れるといいね』と、話し合っていたんですよ」(スピース)という。

 それを実現した最終日。ともに5アンダーでスタートしたふたりの流れを変えたのは、8、9番ホールだった。

 それまでに、スピースは8アンダーまでスコアを伸ばして、ワトソンは6アンダーと劣勢だったが、ワトソンが8、9番で連続バーディー。片やスピースは連続ボギーとし、一気に立場が逆転。結果、ワトソンがスピースから2打差のリードを奪って、残り9ホールを迎えることになった。

 勝負の分水嶺が、この2ホールにあったことは間違いない。スコアはもちろんのこと、8、9番の結果を受けて、スピースは(マスターズ優勝争いという初体験の)あふれ出る感情を抑え切れずに、アーメンコーナー(※)に向かうことになったからだ。

※マスターズが開催されるオーガスタの「名物」でもある、11〜13番ホール。ゲームのカギを握るポイントで、スコアを伸ばす選手と崩す選手との明暗を分ける場所と言われている。そして、「どちらに転ぶのか、勝利の女神が微笑むことを祈る」という意味から「アーメンコーナー」と呼ばれている。

 おかげで、スピースは12番でボギー。さらにスコアを落として、スタート時点と同じ5アンダーとなった。一方のワトソンは、10番でボギーを叩くも、アーメンコーナーの13番ではバーディーを奪って、再び8アンダーとした。結局、この均衡は最後まで破られることなく、ワトソンが2012年大会以来、2度目のマスターズ優勝を飾った。

 初出場で初の優勝争い。20歳のルーキー、スピースが慌てふためくのは当然である。35歳のワトソンは、そんなスピースの感情の波に飲まれないように、自分のゲームに徹しようとした。後半は特に、武器である曲げるボールを駆使して、自身のゴルフを貫こうという姿勢が見られた。

 ワトソンは6歳〜12歳くらいまで、自宅周辺で右回り、左回りと交互に回りながら、地面に描いた円の中にボールを入れるゴルフ遊びを毎日のようにしていた。そこには大きな木があって、遊びの中でも、それを避けてボールを打っていた。

「だから、僕は(ゴルフを始めて)最初から、曲げて打つことを覚えて、スライス、フックは自然に打てるようになった。そのうち、高い枝の上を打ったり、低い枝の下を打ったりして、近道することも覚えた」

 まさにワトソンは、その得意(?)の球筋で、随所に危険が待ち受けているオーガスタの後半戦を切り抜けていったのである。

 スイングは我流。感情の浮き沈みも激しい。圧倒的な飛距離があるとはいえ、アイアンの精度は今ひとつ。しかし、ショートゲームやパッティングには優れている。決して完璧ではないものの、ワトソンはマスターズ2度目の優勝を果たして、その強さが"本物"であることを世界に証明した。

 下積み時代からの仲間である、リッキー・ファウラーやベン・クレイン、ハンター・メイハンらと『ゴルフ・ボーイズ』というバンドを組んで、ややふざけたPGAツアーのPVを動画サイトで流しているワトソン。ちょっと破天荒な面はあるものの、前回のマスターズの前に養子縁組をした赤ちゃんが、2歳となって最終18番グリーンに登場。ふたりが優勝の喜びを分かち合うシーンに涙した人も少なくないのではないだろうか。それほど、印象的な光景だった。

 さて、タイガー・ウッズの欠場が"乱気流"を巻き起こしたのか、大荒れとなった今年のマスターズ。フィル・ミケルソンをはじめ、セルヒオ・ガルシア、ルーク・ドナルドら、世界ランキング上位選手が数多く予選落ちを喫した。松山英樹も、その乱気流に巻き込まれてしまったのか、絶不調。初日に80を叩いて姿を消した。

 それだけではない。選手たちのゲーム運びも大いに乱れていた。まるでF1のポールポジションをとりにいくかのように、誰もが我先に、という攻めを見せた。普段なら最終日で見られる様相が、初日から始まっていた。

 本来であれば、ウッズの作る流れがゲームの軸線となって、他の選手たちにとっては、道標のような役割を果たしていた。とりわけマスターズでは、そうだった。しかしその流れが、今回は完全に崩壊していた。乱気流の中で、うまく流れをつかんだ選手が上位に名を連ねた。

 ベスト10以内の13選手の内訳を見てみると、過去のマスターズ優勝者はふたり(ワトソンとベルンハルト・ランガー)。スピースをはじめ、初出場選手のほうが3人と多かった。

 いよいよ世界のゴルフ界は、ウッズが基軸という流れから、ワトソンやアダム・スコットら30代半ばの世代と、スピースら勢いのある20代がけん引していく時代になっていきそうな雰囲気にある。スピースが語る。

「今回敗れたからといって、これでゴルフが終わったわけではない。どうやったら勝てるかを学んだから、むしろ始まりです。明日からが楽しみ」

 ジョーダン・スピースは、間違いなく新時代のスター候補である。石川遼や松山英樹にとっては、彼らが新たな"新基軸"になるのかもしれない。

三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho