かわいい動物は究極の癒やし…アラサー独女のペット事情

写真拡大

嵐の相葉くんも出演している人気バラエティー「天才! 志村どうぶつ園」。かわいい動物たちの登場に、胸をきゅんきゅんさせている人も多いのではないでしょうか? 今回は、アラサー独女たちの知られざる「ペット事情」に迫りたいと思います。

ペットに癒やされながらたくましく生きていこう

■癒やしてくれるから頑張れる

毎日、家と職場の往復でゆっくり休む暇もない。そんな乾ききった生活に潤いをもたらしてくれるのがペットです。生き物を飼うとエサやりやお散歩などの世話が大変ですが、そんな苦労を補って余りある幸せを与えてくれるのです。

どんなに疲れていても、ドアを開けた瞬間、目を輝かせて自分に飛びついてくるペットを見れば疲れも吹き飛んでしまいますよね。

■誰かに必要とされたい

仕事もうまくいかないし、女友達はどんどん結婚して話が合わなくなる。おまけに彼氏もいないとなれば「私って、誰からも必要とされていないのかな……」と落ち込んでしまうこともありますよね。

しかし、自分しか頼る人のいないペットと暮らしていればそんな風に落ち込んではいられません。どんな状況のときでも、飼い主が世話をしない限りペットは生きていけないのですから。

全身で喜びを表し、自分を信じきってくれるペットは、私たちに生きる活力を与えてくれます。

■ペットを飼いたくても飼えない

ペットとの生活を楽しんでいるアラサー独女が増えている一方で、飼いたくても飼えないことに悩んでいる人もたくさんいます。

一番多いのは住宅事情。「ペット可」の賃貸物件はとても少なく、あったとしても相場より高い家賃を設定されていることが多いのです。少ないお給料をやりくりして生活しているOLには厳しいですよね。

また、家賃以外にも、ペットを飼うとエサ代や病院代などで何かとお金が出ていきます。満足のいく環境でペットを飼おうと思ったら、ある程度お金に余裕がないと難しいかもしれません。

■ペットを飼うときに気を付けたいこと

とっても愛らしいペットですが、生き物である以上、飼育するにはいろいろ注意しなければいけないことがあります。

まず、飼うのが難しくなったり、飽きてしまったからといって捨ててしまわないこと。ずっと人間に飼われていたペットが急に外に放り出されても自分でエサをとることができませんし、近年問題になっている外来種を捨ててしまえば生態系に狂いを生じさせる原因になります。

そして、周囲の人に迷惑をかけないことも大切です。特に集合住宅で飼う場合、犬が無駄ぼえしたり、共用スペースでの排せつをしないよう、責任を持って飼うようにしてください。

ペットは大切な家族。ただかわいがるだけでなく、飼い主としての責任をきちんと果たしてこそ幸せが待っています。悩み多きアラサー世代、ペットに癒やされながらたくましく生きていきたいですね。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by ens7531