『渇き。』ポスタービジュアル ©2014「渇き。」製作委員会

写真拡大

7月4日から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開される中島哲也監督の映画『渇き。』から予告編が公開された。

【もっと大きな写真を見る】

予告編では、役所広司演じる元刑事の藤島昭和が時には血まみれになりながらも小松菜奈演じる娘・加奈子を探す様子が公開されているほか、成績優秀かつ容姿端麗で学園の人気者である加奈子の悪魔のような裏の顔が明かされていくという本編の物語が垣間見える内容となっている。

また、藤島に密着する元部下で刑事の浅井役を演じる妻夫木聡、浅井と同じ署に勤める刑事・愛川役を演じるオダギリジョー、加奈子の中学時代の担任・東役を演じる中谷美紀、加奈子の高校の友人・松下役を演じる橋本愛、加奈子の中学時代の悪友・遠藤を演じる二階堂ふみ、加奈子の同級生でいじめに遭っているボク役を演じる清水尋也らの姿も確認できる。さらにでんぱ組.incの“でんでんぱっしょん”が劇中歌として使用されていることも判明した。

今回あわせて公開されたポスタービジュアルでは、「愛する娘は、バケモノでした。」というコピーと共に、険しい表情の役所と微笑みを浮かべる小松がフィーチャーされている。

『渇き。』は、第3回『このミステリーがすごい!』で大賞を受賞した作家・深町秋生の『果てしなき渇き』を、『告白』『嫌われ松子の一生』などで知られる中島が映画化した作品。自分のせいで失った家族を取り戻すために失踪した娘・加奈子の行方追う元刑事の藤島が、娘の交友関係を辿る中でその本当の姿を知り、想像を超えた事態に巻き込まれていく様子を描く。