「機動戦士ガンダムUC×特急ラピート 赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」を運行

写真拡大

大阪と和歌山をつなぐ南海電気鉄道は、空港線開業20周年と特急ラピート運行開始20周年を記念して、劇場版アニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode 7『虹の彼方に』」とのコラボレーションを2014年4月26日から6月30日までおこなう。

キャラクターの専用席を設置

南海本線と空港線の難波駅〜関西空港駅間で、「機動戦士ガンダムUC×特急ラピート 赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」を運行する。

特急ラピート1編成の車両外観を、作品の登場人物で「シャアの再来」と呼ばれるフル・フロンタル率いる組織「ネオ・ジオン」をイメージした赤色に変更、車内随所に同作品をモチーフにしたデザインをあしらった。さらに、スーパーシートのある5号車には、フル・フロンタルとその副官アンジェロ・ザウパー、そしてヒロインであるミネバ・ラオ・ザビの専用席を設置する。専用席は、スーパーシートの利用者に限って自由に着席、撮影可能。列車の運転時刻は特設サイトで確認できる。

また、運行にあわせて、ネオ・ジオンをイメージしたデザインの記念特急券引換券や記念入場券、記念グッズなども発売する。

「機動戦士ガンダムUC episode 7『虹の彼方に』」は09年に開始された同シリーズの最終章。5月17日から全国35館でのイベント上映や、先行有料配信、Blu-ray先行販売が実施される。