「元恋人との思い出の品預かります」−恋愛残留物お預かりサービス登場

写真拡大

寺田倉庫株式会社(東京都品川区)が4月14日、昔の恋人との思い出の品を保管、誰にも気づかれることなく楽しめる新サービス『minikuLOVE(ミニクラヴ)』の提供を開始した。

【関連:東京大学、SNSの“ネット炎上につながる投稿”自動判別システム研究開始―将来的には実用化も】

minikuLOVE

寺田倉庫はこれまでにもフィギュアの預かりサービスなどを展開している企業。今回はそれらのサービスをベースに、元恋人との恋愛残留物保管に特化した機能を追加し提供している。

『minikuLOVE』は、インターネットで注文すると送られてくる専用のダンボールに、ラブレターや写真、恋人のために自作した曲のテープ、ポエム、アクセサリーなど……とにかく、捨てられない元恋人との思い出の品をつめ発送すると、大切に保管・管理してくれる。

保管された品はスタッフが一品ずつ写真を撮ってリスト化し、Webページのマイページで常時閲覧できるという。新しいパートナーなどの目を気にせず、時たま思い出に浸って「未練たらたら」したい人にはうってつけのサービスだ。

また、プロの声優がラブレターを代読して音声保存できる「ラブレター肉声化システム」や、思い出の品を価格査定できる「愛情価格化システム」などのユニークな機能も搭載。利用料は月250円(1箱)となっている。

参考・引用:
minikuLOVE(ミニクラヴ)