中田英寿氏(右)と日研総業 代表取締役社長 清水浩二氏

写真拡大

元サッカー日本代表の中田英寿氏が立ち上げた日本文化再発見プロジェクト「ReVALUE NIPPON」。中田氏自らが日本の文化・伝統・農業・モノづくりなどに直接触れながらその魅力を国内外に発信している。

その取組みに共感した日研総業は、運営する製造業専門の求人情報サイト「e 仕事」と共同で、日本のモノ作りの魅力を国内外に広く伝え、「モノづくり」で若者の働き方を豊かにするための新しいプロジェクト「モノづくりニッポン e 仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクトを始動する。2014年4月14日、発表した。

ブラジル・サンパウロで働くチャンスも

この日、都内でおこなわれた発表会では、15 日にオンエア開始する新CMが公開。重要無形文化財保持者(人間国宝)と中田氏がモノづくりに取り組む様子が描かれている。

中田氏は発表会の場にも登場し、日本中を旅した経験からモノ作りへの想いを語った。

中田氏はCMにも登場する鍛金の技術に触れ、「鍛金というのは、自分がチャレンジした伝統工芸の中でも二度とやりたくないほど大変でした。日本の製造業には日本人の気質である繊細さや、どこの国よりも厳しく作っていく人たちの思いや技術が詰まっています。プロジェクトを通じて、日本人が持つモノづくりのDNAを繋ぎ伝えていくことで、日本が世界でも尊敬される、世界をリードする国になるのではと思います」とコメントし、自らが全国を旅して感じた日本のモノづくり魅力から、本プロジェクトへの意気込みを語った。

また、プロジェクトの一環として、中田氏がプロデュースし、6月11日からブラジル・サンパウロに期間限定でオープンするカフェ「nakata.net cafe 2014」で働くスタッフを募集するキャンペーンも告知された。「e仕事」キャンペーン・サイトで登録をすると、面談、選考の上、カフェのオープン期間中、現地の店舗で働くチャンスを獲得できるという。現地までの渡航費や宿泊費はe仕事がすべて負担する。