<マスターズ 最終日◇13日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子メジャー「マスターズ」はバッバ・ワトソン(米国)の2年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。マスターズ6回目の出場で2度の優勝はアーノルド・パーマーらに並ぶ記録となる。
35年の壁に挑んだ20歳のスピース、ワトソンの前に散る
 ところで、左にドッグレッグしているホールが多いオーガスタはコントロールしにくいドローボールで攻める選手より、ボールを止めやすいフェードでコースなりに攻めることができるレフティに有利と言われている。事実、2003年にマイク・ウィア(カナダ)が優勝して以来、フィル・ミケルソン(米国)が3勝(04、06、10)、ワトソンが2勝(12、14)とここ11年でレフティだけで6勝を挙げている。
 だが、ワトソンの場合は少し事情が違うかもしれない。たしかに、極端なまでのカット打ちでスライスボールを打つワトソンはオーガスタ向きとも言えるが、ウィア、ミケルソンとの違いはその極端なまでの高弾道と飛距離だ。
 今大会の平均飛距離305.62ヤードは全選手中もちろん1位。この日パトロンの度肝を抜いたのは2つのパー5だ。
 まずは前半の8番ホール。フェアウェイ右には選手が警戒する約290ヤードで越えるバンカーがあるが、ワトソンは「あのバンカーは問題じゃない」と軽々キャリーでオーバー。落下地点が打ち上げにもかかわらず約330ヤードのビッグドライブを見せてバーディを奪うと、首位に立っていたジョーダン・スピース(米国)はボギー。ここが勝負の分かれ目となった。
 そして、後半唯一のバーディを奪った13番パー5ではティショットで左の木の上をショートカットして約360ヤードを記録した。510ヤードのパー5で持ったセカンドのクラブは56°のウェッジ。これには同組のスピースも「バッバの13番は忘れることができない。70ヤード先のOBかと思ったら…。セカンドはウェッジだったんだよ?」と脱帽するしかなかった。
 しかし、当のワトソンはこのコースが自分にあっているかと聞かれると、「ノー。僕のホームコースはとても簡単だから。そっちのほうが好きだよ(笑)。ただ、今年ラッキーだったのは11番。木が低くなっていたことで僕にとっては少し簡単になったんだ」。飛距離だけがゴルフではない。だが、この日ばかりは規格外の飛距離と高弾道が勝利の要因になったことは間違いない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
泣き虫バッバがまた泣いた!2度目マスターズV「戻ってこられてうれしい」
第78回「マスターズ」最終結果はPGAリーダーズボードでチェック
Gボイスで今年のマスターズの感想も募集中!あなたの感想を教えてください
ゴルフ好きな美女を日替わり更新!「今日の美ゴ女」
最新のギアニュースやコラムはこちらからチェック