ドラマ『グーグーだって猫である』より

写真拡大

宮沢りえ主演のテレビドラマ『グーグーだって猫である』が、今秋からWOWOWで放送される。

【もっと大きな写真を見る】

同作の原作は、少女漫画家の大島弓子が東京・吉祥寺を舞台に、飼い猫「グーグー」との日々を描いた同名の自伝的コミックエッセイ。2008年には小泉今日子主演で映画化もされている。原作の世界観を踏襲しながら、新たに再構成されたというテレビドラマ版では、愛猫サバの死により漫画が書けなくなった人気漫画家の小島麻子が、吉祥寺・井の頭公園で病気の子猫を連れたホームレスと出会ったことから展開される物語を描く。

主人公の麻子を演じるのは宮沢りえ。『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』などの監督作品でも知られる犬童一心が映画版に引き続いてメガホンを取り、脚本は『婚前特急』『そこのみにて光輝く』の脚本でも知られる高田亮が手掛けている。さらに音楽は、『横道世之介』『箱入り息子の恋』などの劇中音楽も務めた高田漣が担当。

宮沢は、脚本を読んだ感想として「普段あまり漫画は読まないのですが、大島先生の作品を読ませて頂いて、本当に素敵な、天才というか、小説を読むように物語が進んでいく漫画というのは初めてだったのでとても新鮮でした。脚本もひとつひとつの言葉に温度があってすっと心に溶けていくので、読んでいて疑問に思うことがほとんどありませんでした。掘り下げがいがある、とても素敵な脚本だと思いました」とコメント。

犬童は宮沢について、「毎日彼女の演技を見て、驚き楽しみ感動しています。彼女の演技にはいつもしっかりアイデアがあり、誠実で、でもそれでいながらあけっぴろげで大胆です。見ていると心がいっぱい揺れてしまいます。そして、美しい。生涯そう出会うことのない息をのむ美しさだ。彼女の瞳を覗き込むと、いたずらっ子のキラキラと深い悲しみを知った憂いが同居していて、その複雑な輝きに動揺してしまう」と語っている。

【宮沢りえのコメント】
大島先生のファンの方々が面白いと思ってくださるような作品にしたいですね。キラキラとした日常が流れていく一方で、モノをつくるアーティストとしての葛藤や苦悩をリアルに出せたらいいなと、思っています。そこを乗り越えた先にああいった漫画が産み出されるという過程をちゃんと届けたいという気持ちで臨みますので、ぜひご期待ください。

【犬童一心のコメント】
「グーグーだって猫である」を映画化してその世界に深く向き合い、よりその素晴らしさと大きさに気付かされました。ひとつの小さな命『猫』を入り口に、日々にある代え難い『輝き』に目を向けていく。吉祥寺と云う不可思議で魅力的な街でおこる小さな出来事に目を向けると、その先に『宇宙』や『人の根源』が見え隠れする面白さ。さすが大島弓子だ。その面白さを伝えるためにドラマ版には魅力的な目が離せない住人達がいっぱい登場します。みんなワクワクする再び会いたくなる楽しい人たちです。愛猫サバの『死』に揺れる主人公小島麻子の深い悲しみ。それを癒していくのはいったいなんなのか?ゆっくりとじっくりと探ってみたいと思います。