●入学編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
渡辺摩利:井上麻里奈
服部刑部少丞範蔵:木村良平
十文字克人:諏訪部順一
七草真由美:花澤香菜
市原鈴音:中原麻衣
中条あずさ:小笠原早紀
九重 八雲:置鮎龍太郎

●ストーリー
魔法。それが伝説や御伽話の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。
今年も新入生の季節が訪れた。
国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。
そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
●オープニング
一科生(ブルーム)から喧嘩を吹っかけられた司波達也たち二科生(ウィード)。

校内での魔法を使用した闘争は厳禁(魔法を使わなくても闘争は禁止ですね!)、そこを上手く対応した司波達也ですが…。
●生徒会
帰り道、駅まで歩く司波達也と司波深雪達。改めて司波達也の広範囲な魔法知識に驚愕する千葉 エリカ。

その千葉 エリカも剣術では相当な実力者。

柴田 美月「もしかして魔法科高校では一般人の方が珍しいかも!」

※魔法科高校に入学出来た時点で各方面での相応の実力者であるのは間違いないです。

翌日の昼食、生徒会室に呼ばれた司波達也と司波深雪。

七草真由美「本題に入りますが…。」

生徒会長である彼女の要望とは、司波深雪の生徒会入り。ところが、

司波深雪「兄も生徒会に加えさせて頂くわけにはいけませんか?」

但し、生徒会の規則として二科生を加える事は出来ないため彼女の希望には添えませんが、

渡辺摩利「風紀委員なら良いんじゃないか?」

こうして彼は風紀委員に任命されたのでした。
●風紀委員
この風紀委員とは学園内の揉め事を事前に又は発生したら実力で阻止するというもの。彼の実技能力の低さからは向かないと思われたものの、

渡辺摩利「荒事は私で解決出来るから!」
服部刑部少丞範蔵「ウィードには風紀委員は向いていないです!」

生徒会副会長である服部刑部少丞範蔵。彼は司波達也の実技試験の低さを懸念材料にしているわけですが…。

司波達也「服部副会長、俺と模擬戦をやらないか。」
服部刑部少丞範蔵「ウホッ!いい模擬戦…。」

そんなわけでホイホイ模擬戦を開始する2人ですが、

服部刑部少丞範蔵、瞬殺!

「魔法科高校の劣等生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第1話「魔法による格差社会」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第12話「もう私達、仲良しでしょ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「魔法科高校の劣等生」TVアニメ公式Webサイト
「魔法科高校の劣等生」AT-X公式Webサイト