●さらば中学校

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口 松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中 清(駒田中 清):塩屋浩三
南 令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾 留次:島田敏
島田:二又一成
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
前回、誘拐と婦女暴行で警察に逮捕された坂口 松太郎。そんな彼も漸く釈放されて、今度は就職活動をする事になるのですが…。
●坂口 松太郎、面接に行く!
朝寝坊している坂口 松太郎、彼を何とか起こして背広を着せる母・トミ。こうして見ると彼も何とかサラリーマン風に見えなくもないです。

島田「おお!これは立派になったなあ。」

こうして彼は島田先生に連れられて運送会社に面接に行くものの…。

運送会社社長「き、君は!」
坂口 松太郎「あんた、ここの社長だったの!」
島田「松太郎!知り合いだったのか。」


この運送会社社長は前回、松太郎によってトラックを暴走させて、誘拐事件の巻き添えを食らった気の毒なお方。当然ながら面接は不採用。

※上記の件で南令子先生は、松太郎の事件の責任を負い警察に嘆願したうえで、教職を辞したのです。そして彼女は東京の実家に戻ったのですが…(この事が後の大きな伏線となります)。
●松太郎、力士に張り倒される!
建設会社、大工、廃品回収業…。当然ながら全て不採用。

島田「お前はどういう仕事なら出来るんだ?」
坂口 松太郎「贅沢は言わねえが、なんというか…。俺の能力を最大限に発揮出来る職場というか…。」


但し、彼の話を聞いてみると、

坂口 松太郎「給料が高くて楽が出来て出勤時間や労働時間も自由で…。」

※調子に乗り過ぎ!

島田「…もういい。そうだな、巡業している相撲でも見に行くか?」

ところが相撲について極めて悪辣な批判をする坂口 松太郎。そこにたまたま来ていた関取衆の耳に入り一触即発の危機に!

島田先生が必死に謝罪して丸く収めようとしたものの、結局、

坂口 松太郎、関取衆に殴りかかる!

とは言え相坂口 松太郎手もプロの力士。

力士「どすこーい!」

力士、坂口 松太郎を張り手一発で気絶させる!

怖いもの知らずの暴れん坊であった坂口 松太郎、ここで初めて敗北の味を知ります。

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第1話「のたり松太郎」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第12話「策士、加納慎一」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト