世界で一番リッチな人たち「ビル・ゲイツは2位」

写真拡大

毎年『Forbes』誌が発表する世界長者番付。何をどう稼げば、そんなにリッチになれるのでしょう?世界で一番リッチな人たちの職業を紹介しましょう。

2013年度世界長者番付ランキング「トップ10」

1位カルロス・スリム・エルー(大手通信会社、実業家・投資家)730億ドル
2位ビル・ゲイツ(マイクロソフト)670億ドル
3位アマンシオ・オルテガ(Zara 創業者)570億ドル
4位ウォレン・バフェット(Berkshire Hathaway 投資家)535億ドル
5位ラリー・エリソン(オラクル)430億ドル
6位チャールズ・コーク(Koch Industiries 実業家)340億ドル
7位デイビッド・コーク(Koch Industries 実業家)340億ドル
8位李嘉誠(り かせい)(長江実業グループ 実業家)310億ドル
9位リリアンヌ・ベタンクール(ロレアル創業者の1人娘)300億ドル
10位ベルナール・アルノー(LVMHグループ 実業家)290億ドル

1位は大手通信会社を複数所有するメキシコ人の実業家カルロス・スリム。ラテン・アメリカの通信産業のドンです。730億米ドルと聞いても、ピンとこないかもしれませんが、日本円に換算するとなんと約6兆7890億円!

4位の投資家ウォレン・バフェットは、大富豪にもかかわらず、生活は質素なまま。今でも1957年に3万1500米ドル(約330万円)で購入した家に暮らしています。子供も孫も甘やかさない方針で有名。画家である彼の孫娘は、ベビーシッターをして生活費を稼ぎ、健康保険にも加入できないとか。

8位の李嘉誠(り かせい)氏は、14歳の時に父親を亡くし、家族のために生活費を稼ごうと学業を断念したので、高校すら卒業していません。リッチになるのに学歴は要らないようです。

9位のロレアル創業者の一人娘ベタンクールさんは、世界で一番リッチな女性。91歳のエレガントなおばあちゃんです。

世界の富豪は「お金を稼ぐよりも、お金の使い道がむずかしくて考えてしまう」そうです。

参考:Billionaires List.
http://www.forbes.com/billionaires/