鳥インフル検出 11万羽を殺処分

ざっくり言うと

  • 熊本県の養鶏場で、死んだ鶏からH5亜型の鳥インフルエンザウイルスを検出した
  • 陽性反応が出た養鶏場と、経営者が同じ相良村の養鶏場の計2か所で殺処分
  • 殺処分された鶏は約11万2000羽に及んでいる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング