マエケン、突然の降板を説明

ざっくり言うと

  • 広島の前田健太投手が12日、先発した中日戦を緊急降板した
  • 5回まで無失点に封じていたが、右肘の張りを感じ、首脳陣に降板を申し出た
  • 「無理していくより、代わった方がチームのためと思った」と説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング