南海電鉄、ガンダムUC『ネオ・ジオン』をイメージした列車運行

写真拡大

南海電気鉄道株式会社で4月26日から、アニメ『機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」』とタイアップした、「機動戦士ガンダムUC×特急ラピート 赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」を、南海本線及び空港線で運行開始する。

【関連:京阪大津線に『中二病でも恋がしたい!』電車が登場】

機動戦士ガンダムUC×特急ラピート 赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン

今回のタイアップ列車では、特急ラピート1編成の車両外観を、登場人物であり“シャアの再来”と呼ばれるフル・フロンタル率いる組織「ネオ・ジオン」をイメージした赤色に変更。

ミネバ・ラオ・ザビ専用席アンジェロ・ザウパー専用席(左)とフル・フロンタル専用席

また、車内(5号車スーパーシート)に登場人物「ミネバ・ラオ・ザビ」「フル・フロンタル」「アンジェロ・ザウパー」専用席を設置。専用席はスーパーシート利用者なら誰でも自由に着席・撮影できる。ただし、長時間占有は遠慮してほしいとのことなので、常時着席できるわけではない。その点利用者は御注意を。

壁面・床下イメージ

その他には、ネオ・ジオンをイメージしたデザインの記念特急券引換券や記念入場券、記念グッズの発売を始め、各種タイアップ企画を展開していく。

運行期間は4月26日から6月30日まで。区間は難波駅から関西空港駅間となっている。対象列車は特急ラピート1編成(50000系6両1編成)。運行時刻などの詳細は特設サイトで確認してほしい。

(c)創通・サンライズ