<マスターズ 初日◇10日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 2年ぶりに足を踏み入れたゴルフの祭典は松山英樹に厳しい試練を与えた。ブラント・スネデカー(米国)、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)と共にスタートした松山は、2バーディ・8ボギー・1ダブルボギーのトータル8オーバーでホールアウト。2年前の最終ラウンドと同スコアの“80”を叩き90位タイと大きく出遅れた。
「マスターズ」初日結果はPGAリーダーズボードで確認!
 プロになって初めてのマスターズ。それでも「普通に。何も変わらずに打ちました」と高揚も緊張もなくいつもと変わらぬ精神状態でティオフした。しかし、1番でセカンドをグリーン右に外してボギーが先行。そこから最後まで歯車がかみ合うことはなかった。
 この日はすべてフェアウェイをとらえるなど、抜群の安定感を見せたティショットがスコアに繋がらなかった。“畳2畳分”の精度を求められるといわれるオーガスタを相手に、アイアンも切れ味を出せなかったが、それ以上に苦戦したのがパッティングだ。
 スコアを伸ばせず迎えた8番パー5では、ピン手前約11メートルからバーディパットを2メートルオーバーすると、返しも、そのまた返しも外して4パット。このダブルボギーが後半の失速のきっかけとなった。
 この日は3パットが3回に、4パットが1回。通算39パットは全選手中最下位タイだ。初日からタフな位置に切られたピンポジションの影響もあったが、突如現れたパッティングの乱れに松山は「うーん…、うん。わからないです」。ラインの問題か、ストロークの問題かという質問には「どっちもです」と下を向いた。
 左手の故障を抱えての参戦となっているが「関係ないです」とこの日のスコアへの影響は否定した。「自分の力が足りないということ。練習して明日は良いスコアで回れるようにしたい。5アンダー、6アンダーを出せば通るチャンスはある」。
 だが、修正ポイントは「それがわかればこんなに打っていない」と不透明なまま。目指す予選カットラインは“50位タイ以内”か“首位のスコアから10打差位以内”。ホールアウト後は約1時間半練習場で調整した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、8オーバー出遅れに「調整がつかなかった」
【写真で見る】マスターズの舞台・オーガスタナショナルGC
今年もビッグ3が名誉スターター 第78回マスターズが開幕
タイガー不在のマスターズにマキロイ「空気違う」アダムは「痛手だ」
「言葉にならない」父と子がマスターズ初の同時出場へ