東京駅に雑貨&カフェの「STANDBY TOKYO」がオープン

写真拡大

旅のお土産は、やっぱり「ここにしかない」というのが売り! それは、東京から旅立つ時のお土産だって同じかも。

そこで、3月28日(金)東京駅の1階・新幹線南乗換改札前にオープンした、雑貨とカフェの融合ショップ「STANDBY TOKYO(スタンバイ トーキョー)」をご紹介。
店内には、出張で東京を訪れる人はもちろん、これから旅へ出かける人にも役立つトラベル雑貨と、ここにしかないオリジナル土産がいっぱい!

たとえばショップのイメージをデザインした「クリーンカンティーン製オリジナルタンブラー」。購入するとその場でコーヒーのSを1杯プレゼントするだけでなく、次回の来店時に持参すると今度はコーヒーが20円お得に。
また、復元工事の時に発見された「松杭」がモチーフのTシャツも、ここだけのオリジナル。
「松杭」は東京駅を100年支え続けた歴史を感じさせるモチーフで、オリジナルスイーツとしても限定販売。東京の手土産として人気の東京カンパネラが手がける「松杭バウム・バー」は、バウムクーヘンのラスクをスティックに仕上げた限定品。このほかに、イタリアの伝統菓子をクランチに仕上げた4つの味の「クランチ・ビスコッティ」や、旅が楽しくなるようなトラベルグッズも充実のラインナップ。

ゆっくりくつろげるレストスペースは、Wi-Fiも利用できるうえ、旅の情報検索ができるiPad miniも設置。カフェには、最高級の豆を使ったスペシャルティコーヒーの恵比寿「猿田彦珈琲」が、STANDBYオリジナルブレンドを焙煎したコーヒーも!
さらに、自由が丘の老舗写真専門店「ポパイカメラ」が編集した旅の写真展を開催。

旅の玄関口“東京駅”にふさわしいサービスとラインナップで、ちょっと贅沢な旅をサポートするスタンバイ トーキョー。ここにしかない旅のはじまりを味わってみては?