ヨーロッパを中心に人気の車種『アクセラ』のクレイモデル

写真拡大 (全3枚)

 PCで設計したものをそのまま形にできる技術が、急速に普及している。特に3DCADや3DCGデータを元に、短時間で3次元の立体模型を作成できる3Dプリンターは、ここ数年で特許が次々と切れたことで低価格化。1台数百万円だったものが、数万円〜数十万円で購入できるようになり、中小企業や家庭でも導入が進んでいる。

 一方で、冬季オリンピックで注目されドラマにもなった、東京都大田区の町工場が挑んだ「下町ボブスレー」など、日本人ならでは繊細な手作業への注目も高まっている。こうした “ザ・ニッポンのモノづくり”に大企業でありながらこだわり続けることで、世界でも高い評価を得ている業界のひとつが、自動車メーカー。そのモノづくりの現場を取材した。

「“ここにあと、これくらい盛ってみよう!”と、その場で意見を出し合って、すぐ手直しができる、全体の微妙な表情の判断がしやすいなど、PCで作るデータや3Dプリンターではかなわないメリットが、クレイにはたくさんあります」と語るのは、マツダ デザイン本部のクレイモデラーである助川裕さんだ。

 クレイモデラーとは、デザイナーが描いたデザインスケッチを手作業によってクレイ(粘土)の立体モデルにしていく仕事で、工業デザインの世界では重要な役割を担っている。一般的に自動車メーカーでは1/4サイズ、1/1サイズなどのクレイモデルを造って開発を進めていくが、特にマツダの場合、開発全体の中でクレイモデルに関わる時間が、非常に長いのだという。開発拠点が世界中に広がり、スピードも要求される中、手作業のクレイモデルにこだわることで効率性は損なわれないのだろうか?

「デザイナーとクレイモデラーのバトンリレーではなく、一緒にクレイを見ながら、ここはおかしい! ここはいい! とディスカッションしながら、どんどん作り直せるのはクレイならではで、スピードも意識共有も大きいんです。また、クルマが本来もっとも美しく見える自然光の中での表情をチェックするため、クレイモデルを屋上に持ちだして全員で検討するといったことも、クレイなら当たり前のようにできます。

 そうして各国の拠点で練り上げられたクレイモデルを持ちよってコンペティションを行い、さらに絞り込み、研ぎ澄ましていく。効率が悪いと感じたことはありませんし、効率以上のメリットがクレイには大きいと思っています。」(助川さん)

 現在マツダが目指しているデザインテーマ『魂動(こどう)』は、動物や自然が持つ肉体美からインスピレーションを得て、生き物の一瞬一瞬の躍動感を表現している。そこでキーとなる面の表情や陰影、緊張感は、粘土ならではの柔らかさや固まった後の硬さ、シャープな削り出しでこそ表せるのだという。

 その『魂動』から生まれた車種は、日本国内を上回る高い評価を国際的に獲得。世界25か国のジャーナリストによって選ばれるワールド・カー・アワードのデザイン部門で、2013年はジャガー、アストンマーチンに次いで、マツダ『アテンザ』が、2014年は現時点でBMW、メルセデスベンツと共に、マツダ『アクセラ』がベスト3に選出されており、4月17日にニューヨークモーターショーで最終結果が発表される予定だ。

 そこで記者も実際に、クレイモデル造りを体験してみることに。1/1サイズのクレイモデルのボンネットに粘土を載せ、伸ばし、削ってみる。初めは柔らかい粘土だがクレイモデラーのように薄く伸ばすのは至難の業、固まってから削る作業も、全く思い通りにはできない。悪戦苦闘した揚句に、凸凹にしてしまったクレイモデルを助川さんと、同じくクレイモデラーの森脇由香さんの2人は、わずか1分ほどですっかり元通りに修復してしまった。

「『魂動』のコンセプトを聞いても初めは何をしていいかわからなかったんですが、1台のクルマを大きな塊と考えて、骨格や面の緊張感、光をイメージしていく中で、やるべきことがはっきりとしていきました。この仕事を選んだのは、クルマ好きの父から受け継いだクルマへの想いと、手作りが好きだったこと。手を出さないように気をつけていますが、子供の夏休みの宿題には、ものすごく厳しい母親です(笑い)」(森脇さん)

「エクステリアデザイナー、インテリアデザイナー、カラーデザイナー、クレイモデラー、そして生産部門の技術者も、みんなが一つのものを見ているとフィルターがかからずに、良いものは良いと思える。マツダがクレイにこだわるのはそこだと思います」と助川さんは語る。

 こうした“こだわり”はクレイだけでなく、カラーリングもデザインの一環として、独自のカラーを実現した。マツダの世界的なヒットカラーとなっている『ソウルレッド』を支えているのが、塗装部門の技を結集させた「匠塗り」だ。数々の困難な課題を克服して、従来のメタリック(もしくはソリッド)層+クリヤ層の2コート、ソリッド層+マイカ層+クリヤ層の3コートとも違う、“メタリック層+半透明層+クリヤ層”という新たな3コートを誕生させたという。

「日本人のクルマ離れは、自分の好きなクルマがわからない人が増えているからではないでしょうか。携帯電話を買う時と同じように、形や色などの好き嫌いをはっきり言ってもらえる、個性あるクルマを造り続けることで、多くの人にもっとクルマへの興味を持ってもらいたいですね」(助川さん)