『Z〜ゼット〜』 ©2014 相原コージ/日本文芸社・エスピーオー

写真拡大

相原コージのゾンビホラー漫画『Z〜ゼット〜』が実写映画化され、2014年夏に全国のシネマート系劇場で公開される。

【もっと大きな写真を見る】

『コージ苑』『かってにシロクマ』や竹熊健太郎との共著『サルでも描けるまんが教室』などで知られる相原コージ。『別冊漫画ゴラク』に連載中の『Z〜ゼット〜』は、世界にゾンビが発生した世界を描いたオムニバス作品となる。映画版ではゾンビが大量に発生した病院を舞台に、様々な人間ドラマやゾンビとの戦いなどがユーモアも交えながら描かれる。なお、相原コージ作品が実写映画化されるのは今回が初となる。

ゾンビがうごめく世界をPOV方式で映像化したのは、『おろち』『リング0〜バースデイ〜』『予言』『ほんとにあった怖い話』などで知られる鶴田法男監督。主演は極真空手の黒帯を持つ川本まゆが務める。また、映画とリンクする2つのエピソードも同時に撮影されており、映画本編をあわせて全6巻のDVDとしてリリースされる予定だという。