写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ダイオウグソクムシの姿を再現したiPhoneケースとカチューシャもありますドワンゴは8日、東京・六本木のニコファーレにて、4月26日・27日に千葉県・幕張メッセで開催される動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議3」の記者発表会を開催した。

今回は、各エリアの追加情報に加えて、追加で設置される新ブースの情報も公開。大相撲超会議場所では力士とユーザーとの対戦イベントが行われるほか、超深海ブースには有人潜水調査船「しんかい6500」が展示される。また、新たにふなっしー、在日米陸軍、ジュディ・オングらが登場することが告知された。

盛りだくさんな内容となった記者発表会を、写真と共にレポートしていこう。

○マリオカートに乗れる!

まずは「超ゲームエリア」の続報から。前回の超会議では任天堂協力のもと、緑の土管が設置され、実際にくぐり抜ける体験ができた。これが好評だったことから、今年はさらにパワーアップ。「マリオカート」が設置され、実際に乗ることができるという。記念撮影にはうってつけのスポットになりそうだ。

○夢のコンビニ食べ放題企画

超会議3のスポンサーとして名乗りを上げているコンビニのファミリーマートが、ニコニコ超会議3内にブースを出展。「コンビニ食べ放題」企画を実施する。ただし、参加するには現在ファミリーマートで実施中の「ニコニコキャンペーン」対象商品1品以上を含む250円以上のレシートをブースに持参しなければならない。これに250円をプラスした500円が食べ放題企画の参加費となる。参加人数には限りがあるため、レシートを持参しても確実に参加できるわけではない。

なお、食べ放題の制限時間は10分間で、食べ残しは厳禁だ。マナーを守って参加しよう。

○「しんかい6500」(本物)が登場

自衛隊のアパッチや、JAXAのロケット部品など、今年もびっくりするような展示が予定されている。そんな中、最後の大物がやってきた。自衛隊ブースの隣に設置される「超深海ブース」に、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の協力のもと、有人潜水調査船「しんかい6500」(本物)が展示されるのだ。しんかい6500はその名の通り、6500mmの深海まで潜水できる"深海探査のレジェンド"。当日は単なる展示だけでなく、コックピットの中に人数限定で入れるツアー企画や、実際の動作デモ、現役パイロットによるトークなどさまざまな企画が予定されている。

○在日米陸軍が今年も参加

昨年の超会議2にブースを出展した在日米陸軍の参戦が今年も決定した。「Operation TOMODACHI」関連パネルの展示や、軍楽隊によるブラスバンド&ロックバンドによる演奏、隊員との記念撮影などが行えるという。発表会にビデオメッセージでコメントを寄せたキャンプ座間のトナー中佐は、「来日して三日目の活動が昨年のニコニコ超会議2だった。昨年同様、私と兵隊たち、そして軍楽隊を引き連れて参加する。『おもてなし』の心をもってお迎えする。皆さんの参加も待っている」と語っていた。

○ダイオウグソクムシブースに哀川翔登場! グッズの販売も

ここ数カ月大きな話題となっていたダイオウグソクムシが展示される超ダイオウグソクムシブースでは、ユーザー参加によるカルトクイズ大会"No1.グソラー選手権"が開催される。優勝者には3Dスキャンしたダイオウグソクムシの「1号たん」が贈られる他、26日にはスポンサーであるauのCMに登場する「社長」こと哀川翔がプレゼンターとして登場する。

また、グッズとして、ダイオウグソクムシの姿をリアルに再現したiPhoneケースとカチューシャの販売も行われる。あまりにも精巧に作りすぎたため、原価が跳ね上がってしまったというグッズだが、今回は特別価格としてiPhoneケースが3,000円(原価7,380円)、カチューシャが1,500円(原価5,500円)での販売となる。スポンサーであるauの協力があるとはいえ、このあたりの思い切った値付けはニコニコらしさが出ている。

●「ホリエモンカレー」と「石破カレー」という2大カレーライス○今年の神社は縁結び仕様! ぼっちでも参加可能

一昨年、昨年と幕張メッセのど真ん中に設置されていたニコニコ神社だが、今年は縁結び神社として建立されるという。神社には2つの入口、1つの出口があるお社が設置され、左右の入り口から2人同時に入室するのだ。お社の中には昨年までと同様、ニコニコ生放送の定点カメラが設置されており、「神様(視聴者)」とコミュニケーションをとることができる。2人がそこで仲良くなれれば、超会議を一緒に回るもよし、仲良くなれなければお社を出たところで別れるもよし、といった企画である。ちなみに入室する2人はランダムであり、必ずしも男女になるわけではない。

○大相撲超会議場所では力士とユーザーが対戦する「わんぱく土俵祭り」も

横綱・白鵬、日馬富士をはじめ、親方や力士など大相撲一行(約250名)が幕張メッセ内の土俵で取組を行う「大相撲超会議場所」の追加企画が明らかになった。ニコニコユーザーが力士に挑戦する「わんぱく土俵祭り」だ。ここではネットのわんぱく代表として、堀江貴文氏とひろゆき氏の参戦も決定。実況は清野茂樹氏と山崎正氏、解説は振分親方(元・高見盛)、浅香山親方(元・魁皇)、式秀親方(元・北桜)、谷川親方(元・北勝力)が行う。また、26日に武井壮、27日にデーモン閣下という豪華ゲストも登場する。

○ふなっしーも登場!

言わずと知れた大ブレイク中のゆるキャラ、ふなっしーがニコニコ超パーティー3だけでなく、ニコニコ超会議3にも登場することが決定した。出現する予定のブースは、踊ってみた「ラジオ体操」とニイハオ台湾の中継企画。他にも会場のどこかに出現するかもとのことなので、会いたい人はメッセ内を歩きまわってみるといいかもしれない。

○超会議フードメニューが決定

イベントのお楽しみといえば食。昨年までの超会議ではネタに走ったフードメニューが多かったが、今回は元料理人だというドワンゴ担当者のこだわりもあり、しっかりとおいしいメニューが取り揃えられている。

新たに発表になったのは「ホリエモンカレー」と「石破カレー」という2種類のカレーライスで、特に「ホリエモンカレー」は堀江氏が刑務所の中で「外に出たら食べよう」と夢に思い描いていた特別製のカレーを再現したもの。飛騨牛を使っており、価格も1,300円と他のメニューよりはかなり高価だ。果たしてどれほどの味なのか、財布が許すならぜひ試してみたいところだ。

また、ポップコーンワゴンで最後まで謎に包まれていた6種類目のフレーバーも明らかになった。なんと、スポンサー企業でもある永谷園のお茶漬け味だ。味が想像しにくいが、見た目はなかなかのもの。会場やコメントからも「これは普通においしそうだ」という声が上がっていた。

○ニコニコ超パーティー3にはジュディ・オングが登場!

ニコニコ超会議終了後に後夜祭として行われるライブイベント「ニコニコ超パーティー3」。すでに小林幸子や影山ヒロノブといった豪華ゲストの登場が決定しているが、この日の発表会では最後のゲストとしてジュディ・オングが出演することが明らかになった。これは、今回の超会議のテーマの一つに日本と台湾の友好があることを受けてのことだ。これをもって全出演者の発表は終了したが、昨年同様、当日まで明らかにされないシークレットゲストも予定されているという。

また、初日のオープニングでは、自衛隊中央音楽隊が「ドラゴンクエストX」より「序曲X」を演奏することが決定。音楽隊のバックに設置した大型モニターで、アストルディアで行われているプレイヤーイベントの様子をリアルタイムで投影するコラボ企画が行われる。

いよいよ開催まで残り2週間あまりとなったニコニコ超会議3。イベントにおいて3回目という数字は、節目になる大切な数字である。10万人を動員した昨年以上に盛り上がることを期待したい。

(山田井ユウキ)