4月4日から6日にかけて東京・有明で行なわれたテニスの国別対抗戦――デビスカップ・ワールドグループ。ベスト4進出をかけた「チーム日本」の挑戦は、デビスカップ2連覇中の王者チェコの厚い壁に阻まれた。エースの錦織圭(世界ランキング18位)をケガで欠き、さらに2番手でチーム最年長の添田豪(134位)も体調不良でオーダーから外れた日本は、世界ランキング146位の伊藤竜馬と、急きょ召集した190位のダニエル太郎のふたりでシングルスを戦う厳しい台所事情。エースのトーマス・ベルディヒ(5位)を欠いてもなお、3人のトップ100選手を揃えた王者チェコ相手に、選手や監督たちも「力の差を感じた」と認めた上での敗退である。

 もちろん、「錦織や添田がいれば......」という、『たら』『れば』は残るものの、日本が勝ち上がってきた道程にも、カナダ戦で相手チームの1番手(ミロシュ・ラオニッチ/10位)と2番手(バセク・ポスピシル/28位)が欠場する運があった。チェコ戦後、植田実監督は、「結果としては『日本テニス史上初のベスト8』ではあるが、いろいろな運も重なった」と率直な感想を口にしたが、それも含めての、デビスカップである。

 さて、その「結果として日本テニス史上初」を成し遂げた最大の功労者が錦織であることは、誰も異存がないだろう。だが、日本テニス全体の底上げがあってこそのベスト8であることも間違いない。昨年は、地域予選的な位置付けである「アジア/オセアニアゾーン」を錦織抜きで戦い抜き、ワールドグループ昇格をかけたプレイオフの対コロンビア戦では、チームの命運が決する胃の痛む死闘を添田が制した。また、今季のベスト8進出により、日本は来年もワールドグループで戦えることが確定している。

 錦織が運んだ追い風は、日本テニスをかつてない高みに押し上げ、同時に世間の注目を集めてファンの足を会場に向かわせた。さらには6年後の「東京オリンピック開催」という、日本スポーツ界全体を浮上させる強烈な上昇気流も到来中。日本テニスは今、さらなる選手強化を実現させる、千載一遇のチャンスを迎えている。

 ただ、究極の個人競技と言われ、ビジネス面でも選手個々にさまざまな利権が絡んでくるテニスの世界において、組織単位での強化は決して簡単なことではない。なによりもテニスは、最終的には世界各国を1年中転戦する「ツアー」のフォーマットに乗らないことには、選手としての強化と成功は成されない。つまりは、とてつもなくお金が掛かるのである。

 協会が国内の各都市にアカデミーや施設を設け、大規模な選手育成プログラムを展開する国としては、アメリカ、オーストラリア、そしてフランスが代表的。だが、それらの国はいずれも、「グランドスラム大会主催」という究極のドル箱を有している。どこの国でも、真似できるものではない。

 では今回、日本を破ってデビスカップ3連覇を狙うチェコはどうだろうか? チェコのヤロスラフ・ナブラチル監督は、その成功のカギを、「子どものころから選手を育てる、スクールシステムにある」と見る。「チェコには、特にプラハとオストラヴァというふたつの都市に良いスクールがある。そこで優れた指導者たちが、6〜7歳の子どもたちを育てていく」という体制で才能の原石を拾い上げ、その中からふるいに掛けられた選手たちを集中的に磨いていく。ただし、ナブラチル監督は、「今は良い選手が多いが、その下の世代が育ってきていない」との悩みも打ち明けた。

 一方、国としての歴史が浅いながらも、近年、多くのトップ選手を輩出しているウクライナやセルビアは、協会主導の強化ではなく、個人レベルで企業や実業家のサポートを受けているのが特徴的。中でも、セルビアの女子スター選手、アナ・イバノビッチ(元世界ランク1位/現在12位)のシンデレラストーリーは有名だ。彼女は14歳の時、栄養ドリンクなどで財を成したスイスの若きビジネスマンの目に偶然止まり、彼の嗅覚によって多大な先行投資を受けた。用具の提供から優れた指導者、そして本人のみならずコーチや家族も世界を転戦する資金......その額は数年間で50万ドル(約5000万円)以上にのぼったというが、のちに彼はイバノビッチのマネージャーとして、それ以上の「払い戻し」を受け取ることになる。活躍の舞台が最終的には世界に至るスケール感と、それに伴う莫大なビジネスチャンス――テニスはふたつの意味で、投資家たちにとって夢のある物件のようだ。

 以上のように、テニス選手強化の成功例には、協会などの組織的な育成と、個人や企業等による金銭的支援という「ふたつの大きな軸」が存在する。ならば、理想的な強化策とは、これらふたつが両立し、かつ縄をよるようにリンクさせて、同じ目的地を目指すことではないだろうか。

 現在の日本のトップ選手たちも、やはりこの両パターンのいずれかによって生みだされたと言えるだろう。錦織は、ソニー副社長やソニー・アメリカCEOを歴任した盛田正明氏の「盛田テニスファンド」によって、アメリカのIMGアカデミー留学のチャンスを与えられた。錦織は自らの成功のカギとして、「若い時に海外に行き、刺激を受けたこと」を真っ先に挙げている。

 添田や伊藤たちは、組織的な強化策の成功例だ。彼らは2008年に完成したナショナルトレーニングセンター(東京都北区)を練習拠点とし、重点強化選手として指導者たちのサポートを受けつつ、互いの背を見て切磋琢磨し、ここまで来た。現在は自身で海外のコーチを雇う伊藤だが、ナショナルコーチが帯同してくれた時期を、「普段から練習を見てくれているコーチたちが、海外遠征について来てくれるのは心強かった。英語がほとんどできない時は、やはり日本語での指導が大きかった」と振り返る。

 そして日本は今後、ナショナルチームの強化対象を拡大し、より若い世代からサポートを開始する予定だという。

「現在の強化選手たちにトレーナーとコーチをつけ、個々で転戦させるのは継続する。それに加えて今後は、18〜21歳を『ユース』、その下の16〜18歳を『プレ・ユース』とし、チームとして海外のジュニア大会やフューチャーズ(下部ツアー)を回っていくことを考えています。国内の練習拠点確保と、チームとしての海外遠征。このふたつの方向性で強化をしていきます」

 2020年の東京オリンピックも念頭に入れた上で、植田監督はそのような青写真を口にした。

 さらには、これもテニスそのものの人気や注目度が上がった効果だろうか――、日本国内でもテニスを支援する企業の動きが見えてきている。最近でその最たるものが、今年4月から女子ナンバー1選手の奈良くるみ(43位)の所属先となり、同時に奈良のコーチである原田夏希も社員雇用した安藤証券だ。同社は、社長がテニス関係者たちに知己(ちき)が多い縁もあり、昨年、利潤の一部を協会に「強化費」として寄付するファンドを設立。また、先出の奈良や原田に加え、森田あゆみ(112位)のスポンサーにもなるなど、個々の選手や指導者を積極的に支援している。一企業がこのような形でテニスに寄与するのは前例のないことだが、強化とビジネスの両面で成果が得られれば、追随の動きが見られるかもしれない。

 日本のテニスは現在、過去にないほどの話題性と、結果を次々に生み出している。

 デビスカップでベスト8に入った。今年2月には錦織と奈良がそろってツアー優勝を果たした。そして、クルム伊達公子という世界レベルで話題性豊かなスターもいる。

 錦織が出演している某社のCMではないが、今こそ、未来への種を撒く時である――。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki