「午後の紅茶風呂」(イメージ)

写真拡大

藤田観光が運営する温泉テーマパーク「箱根小涌園ユネッサン」(神奈川県足柄下郡)は2014年4月1日から7月18日までの期間限定で、キリンビバレッジとタイアップした「午後の紅茶風呂」をオープンしている。

ストレート、レモン、ミルクを順番に開催

それぞれイギリス文化と日本文化には欠かせない紅茶と温泉が融合。1986年から販売されている「キリン 午後の紅茶」をイメージした「午後の紅茶風呂」が、ユネッサン内「緑のテラス」(水着着用エリア)に登場した。

午後の紅茶シリーズ王道とも言える、ストレートティー(茶葉=ディンブラン)、レモンティー(茶葉=ヌワラエリア)、ミルクティー(茶葉=キャンディ)をイメージした3種の入浴剤を使用。開催期間内で順番に行っていく。

また、その茶葉を利用した投入パフォーマンスも1日に2回(午後1時/午後3時)実施する。