<マスターズ 事前情報◇8日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 4月10日(木)に開幕する米国男子メジャー初戦「マスターズ」。この舞台で初の同大会親子共演が実現する。父は1982年大会チャンピオンのクレイグ・スタドラー(米国)。そして息子は今季の「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」でツアー初優勝を果たしマスターズに初めて出場することとなったケビン・スタドラー(米国)だ。

 月曜日は親子で練習ラウンドをスタートしたものの、サンダーストームによりわずか2ホールで中断しそのまま悪天候のため練習日自体が中止となった。それでも、ラウンド後は2人そろってプレスインタビューに登場。“セイウチ”のあだ名で人気者だった父・クレイグと、体型までそっくりの息子ケビンが並んでインタビュー席に座ると会見場は和やかな雰囲気に包まれた。
 父のクレイグは「これは非常にクールなことだ。そしてここにいるケビンにありがとうと言いたい」と長年の悲願をかなえてくれた息子に感謝のコメント。続けて「私は予選通過に挑戦する。彼には優勝を目指してほしい。今日の2ホールは素晴らしい時間だった。今週は私たちにとってワンダフルな一週間になるだろう」と語った。
 これにケビンは「なんて言っていいか。言葉にならない。ここでプレーできることに信じられないほど興奮している」と今大会を最後にマスターズ引退をほのめかしている父と共に出場できることに興奮を隠しきれない様子だった。
 火曜日に発表された予選ラウンドの組み合わせは別組となり、初の親子マスターズ同組はならなかったが、この日も同組で練習ラウンドを行うなどスタドラー親子にとって最高の時間はまだまだ続いていく。こんな光景が見られるのもゴルフの祭典ならではだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない
遼、マスターズ出場ならずも前向き「来年のマスターズに向けて」