男性が会計時に財布を出さない女性に思うこと「二度とおごるか!」「いや少しは出せよ」

写真拡大

女子と一緒に食事したあとのお会計ってちょっと緊張する瞬間です。どっちがどう払うのかというのは男女の食事における永遠のテーマでもあります。なんとなく男性が財布を出してお会計するものという雰囲気がありますが、実のところ男性はどう思っているのでしょうか。そこで働く男性に対し、女子と食事したあと「なぜ財布をださない!?」と思った経験がないかアンケートを取ってみました!

■おごるのが当たり前なのか?

・「最初から財布を出してくれない雰囲気で、おごってもらうのが当たり前と思っていて、気分が悪い」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「せめて出すくらいはしてほしい、二度とおごるか!と思った」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分が誘ったお食事会とはいえ、支払時にまったく払うそぶりを見せなくて、二度と食事に誘わないと思った」(28歳/その他/技術職)

男性として、払うものという意識は持っていても、女子に「おごってもらって当然」のような態度をとられると「なぜ?」と湧き上がる怒りを禁じえない男性が続出。「おごってもらって当たり前、という考えはちょっと。当たり前だとしても、払う姿勢は一瞬でも見せてほしい」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)というのがホンネのようです。

■その見た目なのに、なんで?

・「かわいくない女性にはおごりたくないのに、女性だからという理由でおごってもらって当たり前と思っているのは納得できない!」(29歳/学校・教育関連/営業職)

・「箸にも棒にも引っかからないような顔の人と食事したとき」(30歳/商社・卸/営業職)

ということは、かわいい女性だったら許されるってことなのでしょうか? 女性が聞いたら目くじらたてそうなひとことですが、悲しいかな、これもまた男性のホンネのようです……。

■図々しいにもほどがある……

・「当たり前のように外に出ていき、二度と行きたくなくなった」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『ごちそうさまでした』と言われ、いや少しは出せよと思った」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

たとえ、パフォーマンスであっても、財布をバッグから出すそぶりくらいを見せるのが大人の気づかいというものでしょうか? 男性も会計時に女子力をチェックしています!

■ここまで来ると非常識?

・「会社の飲み会で、会費制なのに払おうとしない人がいます」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「ほとんどお酒を自分で飲んだのに、一円も出さなかった」(28歳/自動車関連/技術職)

いかに男性が払うものという意識が定着しているにしても、この状態はちょっと……。一人の社会人としての見識を疑われてしまいそうです。

いかがでしたか? シチュエーションにもよりますが、結果的に男性に払ってもらうのだとしても、女子が「自分でも払う」という意思表示を怠らないのがポイントのようです。どんなに自分に自信のある女子でも「高級料理を食べに行って先にさっさと出て行った」(32歳/運輸・倉庫/営業職)という行為はNGですね。女子のみなさん、特に最初のデートでは要注意です!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年2月にWebアンケート。有効回答数174件。22歳〜34歳の社会人男性)