涌井6回で降板 またも初勝利逃す

ざっくり言うと

  • 8日、ロッテの涌井秀章投手がオリックス戦に先発し、6回7安打4失点で降板した
  • 4回に0−4とされた後は、立ち直りを見せていた
  • 4回から3イニングは3人ずつで抑えたが、0−4のまま降板した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング