写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●次世代エンタテインメント・ロボット新展開!タカラトミーは7日、東京・御茶ノ水のCAFE104.5にて、"ロボットがいる遊び心のある生活"をコンセプトとした、次世代エンタテインメント・ロボット「Omnibot」(オムニボット)シリーズの新展開について発表会を行った。

○次世代エンタテインメント・ロボット新展開!

まずは新Omnibotシリーズ第1弾として、実績ある海外パートナーメーカーと協力し、倒立2輪型ロボット「Hello! MiP」(ハローミップ)を6月に、小型犬ロボット「Hello! Zoomer」(ハローズーマー)を7月に発売。価格は各1万5,000円(税別)。そして今後はオリジナル開発ロボットも順次リリースしていき、50億円規模の次世代エンタテインメント・ロボット市場確立を目指すという。

そもそも「Omnibot」とは、つくば科学万博の開催を背景に、トミー(当時)が1984年に発売した本格ホームロボットのシリーズ名。ラジコン操作をカセットテープに記録し、タイマーによって反復させることができ、玩具の枠を超えた大型ボディと優れたデザイン性で注目を集めた。

その後20年以上を経て、2007年には独自開発の超小型サーボモータを搭載した二足歩行ロボット「Omnibot 17μ i-SOBOT」(オムニボット 17ミュー アイソボット)が登場し、ブランドが復活。世界最小(当時)のヒト型量産ロボットとしてギネス世界記録にも認定され、これも話題となった。

近年は東京おもちゃショーでOmnibotコーナーを展開。試作モデルとして、2012年には新型μサーボを搭載した「i-SODOG」、2013年には人気キャラシリーズをベースにした「完全変形トランスフォーマー」と「リアル・ムービング・ゾイド」も公開された。

そのほか、男児に人気のバトルホビー「バトロボーグ」シリーズや、今月19日発売の「サムライボーグ」も一応Omnibotブランドに位置づけられてはいるが、同ブランドでの自律性を持った本格的な製品の発売は実に6年半ぶりとなる。

○タカラトミーが誇る「Omnibot」ブランドへの想い

発表会では最初に、タカラトミー取締役兼専務執行役員の真下(ましも)修氏が「タカラトミーのオムニボットへの想い」を語った。

まず、「オモチャは産業技術の進歩に合わせて進化してきましたが、これから育つ有効な産業のひとつがロボット。ロボット技術をエンタテインメント用途に置き換えることで、次世代のオモチャを提供していきたい。ロボットはハードとソフトの融合だが、それこそ私たちオモチャ屋がもっとも得意とする分野。実際、タカラトミーでは1960年代からロボットのオモチャを手がけ、それぞれの時代の夢を形にしてきました」と、昔からロボットを手がけてきた玩具メーカーとしての矜持を述べた。

そして、「10年少し前にイヌ型ペットロボットが話題となりオモチャもたくさん出ましたが、今また時代がひと回りして、ロボット掃除機のヒット、デアゴスティーニの“ロビ”などがヒットしている。一方、インフラは、スマホやタブレット、無線LANの普及など大きく進化。それらをうまく活用することで、オモチャ屋ならではの、今までになかった“心を豊かにする新しいロボット玩具”をご提案できると考えています」と、現在の技術を盛り込んだ新しいOmnibotシリーズの展開に自信を見せた。

●倒立2輪でペットボトルまで運べる! 「Hello! MiP」続けて、国内事業統括本部ニュートイ事業部グループ グループリーダー代理の木村貴幸氏が登場。「Hello! MiP」と「Hello! Zoomer」それぞれのプレゼンテーションを行った。以下は個別の製品紹介とさせていただこう。

○倒立2輪でペットボトルまで運べる! 「Hello! MiP」

「Hello!MiP」は下半身がセグウェイのような倒立2輪になったヒト型ロボットだ。「倒立振り子センサ」の搭載により2輪で安定的に自立でき、モノを持たせてもその重さを認識してバランスを保つことができる。さらに操作は、ジェスチャーセンサにより、直接触らずに手のひらをかざすだけで可能だ。

コントロール、バランス、ダンス、自由走行、学習、逃走、待機という全部で7つのモードを搭載。さらにBluetoothも搭載しており、専用アプリでiPhone・iPadやAndoroid端末と連動させれば、ますます遊びがワイドだ。

本体サイズは幅130mm×高さ190mm×奥行70mm、重量は350g(電池除く)。本体カラーは白と黒の2種。国内では6月21日の発売を予定している。 本体の開発元は、大型ロボットトイ「ロボサピエン」シリーズなどで知る人ぞ知るカナダWowWee社。海外でも今年の夏から販売を開始する予定だ。

○本物よりもやんちゃ!? 小型犬ロボ「Hello!Zoomer」

一方、「Hello!Zoomer」は、ダルメシアンをモチーフにした小型犬ロボット。本物のイヌのようにあちこち走り回り、転がり回るダイナミックな動きが特徴だ。傾きセンサを搭載し、体をひねって仰向けになることもできる。音声認識によって30以上の日本語と15以上の英語を理解し、液晶ディスプレイの目で感情表現をして飼い主(ユーザー)とのコミュニケーションをとることが可能。赤外線センサによって周囲の動きをとらえ、前を歩く人の後をついて行ったり、ボールを追いかけたりすることもできるそうだ。

全身のブチ模様のパターンは1万種類以上。これだけあれば友だち同士で持っていてもまずかぶることはなく、"ウチの子"という愛着が持てるはずだ。本体サイズは、幅280mm、高さ180mm、奥行200mm。商品重量は520g。発売は7月26日を予定している。

なお、国内ではOmnibotブランドで発売される訳だが、もともとはカナダのスピンマスター社が昨年発売した製品。北米では42万個を販売し、「トイ・オブ・ザ・イヤー 2014」最優秀イノベーション部門受賞というお墨付きなのだ。

○伝統の「Omnibot」ブランド、今後のさらなる発展に期待!

伝統のOmnibotブランドにふさわしく、様々な技術を盛り込んで楽しく遊べそうなロボットトイ2種。読者の目にはどう映っただろう? 6月12〜15日に開催される東京おもちゃショー2014のタカラトミーブースにも、発売間近となる「Hello! MiP」と「Hello! Zoomer」を大フィーチャーしたOmnibotコーナーが設けられる予定だ。

そして、年末にはいよいよ真打ち、本家タカラトミー開発の新Omnibotも発売したい、という考えだとか。

ロボットファン的には、過去のおもちゃショーで展示された完全変形トランスフォーマーや、フル稼働ゾイドが果たして発売されるのか? というのが気になるところだが…… とにかく、タカラトミーさんが本腰を入れた! ということで今後の展開に大いに期待したい!!

(テクノタク飯塚)