6日のJFNラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」では、漫画「進撃の巨人」が主演・三浦春馬で映画化されることを取り上げた。有吉は「観たいよ、そりゃ」と同映画に興味がある素振りをみせたあと、人気漫画の実写化について語りだした。

実写化となると、漫画のキャラクターを俳優が演じることになるが、原作のイメージにそぐわないと批判されることも多い。有吉は「大変だろうね、相当」「可哀想。なんかファンが多い漫画」と、人気漫画を実写化する際のキャスティングに同情を示した。


また、「いろんな人出てくるだろ、キャスト。そのたびに『あいつ違う。こいつ違う』って言うんだよ、バカがよ」とたびたび持ち上がるキャスティング批判を一喝。

人気漫画だからこその実写化批判だが、有吉は「うるせえんだよ。じゃあお前勝手に作ってろよ。自分の家のパソコンで」「いいだろ別に。誰かが金払ってやってんだから」「ケチつけたからって何なんだよ」と畳み掛け、うんざりしている様子をみせた。

【関連記事】
三浦春馬、実写版「進撃の巨人」に主演 「エヴァ」貞本氏デザイン担当
実写映画『進撃の巨人』オリジナル要素追加!→ネットでは不安の声
「進撃の巨人」実写化めぐり、しょこたんが複雑な心境を吐露 「えー!!!なんでも実写化するなぁ」