ここまでのスマホゲーム業界の徹底解剖で、この業界の有望度が見えてきた。 そのうえでの本誌人気企画「 10万円株」! "テーマ性+割安感大" の爆上げ寸前株を用意!!

スマホゲームで日本株のリーダーを狙う10万円株

利益10倍、株価10倍!次のガンホー、コロプラ予備軍はここにしかいない!!

ここまでのスマホゲーム業界の徹底解剖で、この業界の有望度が見えてきた。そのうえでの本誌人気企画「万円株」!"テーマ性+割安感大"の爆上げ寸前株を用意!!

スマホゲームで日本株のリーダーを狙う10万円株

No.1【ブロードメディア(JQ・4347)】
株価:184円/100株
3月末決算
いくらで買える:1万8400円
PER:ー
PBR:2.22倍
配当利回り:ー
過去最高値:4940円
過去最安値:41円

ソフトバンク傘下で、ネット向けゲームやテレビ局向け番組などコンテンツを供給している。クラウド型ゲームに注力中だ。スマホ用の動画事業の拡大にも期待がかかる。

No.2【アクロディア(東マ・3823)】
株価:415円/100株
8月末決算
いくらで買える:4万1500円
PER:ー
PBR:16.95倍
配当利回り:ー
過去最高値:74万2000円
過去最安値:290円

サッカーゲームで有名な開発企業。2010年に「不適切な会計」が問題になったが、業績は回復基調にあり、2014年8月期は黒字復帰が濃厚だ。「継続疑義」返上か。

No.3【ASJ(東マ・2351)】
株価:335円/100株
3月末決算
いくらで買える:3万3500円
PER:121.3倍
PBR:1.10倍
配当利回り:0.59%
過去最高値:61万円
過去最安値:281円

ネット予約・決済代行業務を本業として、スマホ向けに野球ゲームなども開発する企業。サーバー管理事業は価格低下圧力が強いが、契約件数を伸ばして黒字経営を維持している。

No.4【ベクター(JQ・2656)】
株価:554円/100株
3月末決算
いくらで買える:5万5400円
PER―PBR:3.94倍
配当利回り:ー
過去最高値:351万円
過去最安値:257円

ソフトバンクグループで、オンラインゲームの中堅。不正アクセス事件から立ち直っている最中だ。根強いファンが多く、黒字回復は意外と早いかもしれない。

No.5【マーベラスAQL(東1・7844)】
株価:772円/100株
3月末決算
いくらで買える:7万7200円
PER:23.3倍
PBR:3.79倍
配当利回り:1.55%
過去最高値:75万円
過去最安値:476円

アニメDVDやゲームなどの制作会社。売上高は右肩上がりで拡大し、2014年3月期は200億円の大台乗せの見込みだ。利益率も高く、2015年3月期は増益に見合った増配が期待できる。

No.6【KLab(東1・3656)】
株価:689円/100株
12月末決算
いくらで買える:6万8900円
PER:ー
PBR:5.94倍
配当利回り:ー
過去最高値:5550円
過去最安値:357円

東証1部へのスピード昇格で有名になったゲーム開発会社だ。スマホ向けゲームの配信で他社をリード。国内の課金も順調に伸びている。海外事業の拡大に期待したい。

No.7【日本一ソフトウェア(JQ・3851)】
株価:786円/100株
3月末決算
いくらで買える:7万8600円
PER:10.8倍
PBR:2.86倍
配当利回り:0.25%
過去最高値:40万4000円
過去最安値:403円
プレイステーション向けが中心のソフト会社。2014年3月期の黒字復帰と2015年3月期の増収増益が濃厚。ニコニコ動画「日本一チャンネル」が人気のバロメーターか。

No.8【ユークス(JQ・4334)】
株価:924円/100株
1月末決算
いくらで買える:9万2400円
PER:30.7倍
PBR:3.61倍
配当利回り:1.08%
過去最高値:1407円
過去最安値:176円
ゲームソフト開発を受託する。北米向けプロレスゲームが人気で、海外売上高は5割超だ。無借金経営でもある。株主優待(3000円相当の自社製品)もマニアに好評。

No.9【ネクソン(東1・3659)】
株価:881円/100株
12月末決算
いくらで買える:8万8100円
PER:12.6倍
PBR:1.25倍
配当利回り:1.13%
過去最高値:1693円
過去最安値:666円

韓国系のオンラインゲーム大手。日本や中国でも固定ユーザーをがっちりつかんでいる。スマホ向けも順調に拡大しており、ヒットタイトルの作り方を会得したようだ。

No.10【イマジニア(JQ・4644)】
株価:951円/100株
3月末決算
いくらで買える:9万5100円
PER:18.4倍
PBR:1.25倍
配当利回り:2.31%
過去最高値:7620円
過去最安値:395円
ガラケー(ガラパゴス携帯)時代に培ったノウハウで、スマホ向けコンテンツ配信が好調。グリーや任天堂にもゲームを供給している。旺文社と提携した教育コンテンツも提供。

No.11【日本ファルコム(東マ・3723)】
株価:888円/100株
9月末決算いくらで買える:8万8800円
PER:19.8倍
PBR:3.69倍
配当利回り:0.56%
過去最高値:73万8000円
過去最安値:574円

プレイステーション向けソフトが主力。有利子負債ゼロで、財務的にも安定。光通信の重田康光会長の個人出資が話題になったことも。業績は好調で、大幅増配の余地あり。

No.12【インタースペース(東マ・2122)】
株価:1092円/100株
9月末決算
いくらで買える:10万9200円
PER:23.7倍
PBR:3.11倍
配当利回り:0.45%
過去最高値:126万円
過去最安値:620円

ネット上のアフィリエイト(成果報酬型広告)の大手。単価の高いFXや保険の広告が得意だ。インドネシアとタイに拠点を置くなど海外展開にも熱心。2014年3月期は最高益か。




この記事は「WEBネットマネー2014年5月号」に掲載されたものです。