4月6日、東京都大田区総合体育館で行なわれたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチを予備知識のないまま見たならば、20歳の日本人がチャンピオンだと思ったのではないだろうか。ある程度の予想はしていたものの、井上尚弥(大橋ジム)が見せた日本人最速となるプロ6戦目での戴冠劇は、予想をはるかに上回る次元の圧倒的なKO勝ちだった。「イノウエは強かった」。試合内容は、敗れたアドリアン・エルナンデス(28歳・メキシコ)も舌を巻くほどだった。エルナンデスは1年6ヵ月前の2012年10月6日にWBC王者となったのだが、その4日前にプロデビューした選手(井上)に王座を明け渡すことになるとは思いもしなかったことだろう。

 あまりのワンサイドゲームだったために、「弱いチャンピオンを連れてきたのではないか?」という疑問の声があるかもしれないが、それは完全否定しておかねばならない。エルナンデスはプロキャリア8年、32戦29勝(18KO)2敗1分の戦績を残している軽量級きっての強打者である。接近してからの攻撃力には定評があり、数々のトップ選手をその拳で粉砕し、アメリカ大陸王座、北米王座などを獲得後、26歳で世界の頂点に駆け上がった。世界戦の数だけでも、井上の全試合数を上回る8戦(7勝5KO1敗)を経験している。今回の試合まで4度の防衛を重ねているように、その実力はチャンピオンとして十分なものである。

 井上はそんな相手に立ち向かったわけだが、海外のオンライン・カジノの戦前オッズ(賭け率)は、なんと6対1で「井上有利」と出ていた。すでに井上の評価は、海外でも極めて高かったのである。

 実際の試合でも、井上のスキルはエルナンデスをはるかに凌駕していた。初回から足を使って相手の射程外に身を置き、自分は一歩踏み込んで鋭い左ジャブを当てていった。そして何度も右ストレートを的確に打ち込み、さらに最も得意とする左フックをボディから顔面へと面白いようにヒットさせた。最後に相手を仕留めた右ストレートの破壊力も、文句なしといえる。今回の勝利は偶発的な一発によるKOではなく、テクニックでもパワーでも、チャンピオンを明らかに上回る技量を見せつけた末のノックアウトという点で、高い評価を与えることができるだろう。

 これまでの日本人ボクサーの戴冠試合というと、「偶然の産物」ともいえる奇襲で幸運な勝利を掴み取るケースが少なくなかった。しかし今回は、あらゆる面で相手を上回っていたといえる。小学生のときからボクシングを始め、中学時代には全国大会で優勝して優秀選手に選ばれるなど、たしかな下地があったことも忘れてはなるまい。また、試合直後のリング上で、「思い切りやり合えたので、(戦っていて)楽しかった」と話したように、勝負度胸も満点だった。

 今回の試合を通して考えさせられたのは、選手の「経験」というテーマである。将来が期待されるボクサーの場合、力量が劣ると思われる相手を慎重に選択しながらマッチメークしていくケースが多い。元世界ヘビー級王者、ジョージ・フォアマン(アメリカ)の育成法はその典型で、初期のマイク・タイソン(アメリカ)も同じ道を辿っている。自信と勝つ感触を掴ませ、勢いをつけるという点では重要なことだ。課題をひとつひとつクリアするために、リスクを低く抑えるのは当然だろう。こうして時間をかけて得た経験則が、選手の血と肉になって総合的な戦力を形成するわけだ。フォアマンやタイソンだけでなく、選手の8割方はその育成方法を採っていると言ってもいい。

 その一方で、井上のようなハードなマッチメークで急激に力をつけさせる育成法もある。前提条件としては、選手にしっかりした下地や体力があり、高い向上心と目的意識を持っていることなどが挙げられよう。本来ならば3〜5試合かけてテストすべき課題を、1試合でクリアしなければならないのだから、必然的に相手のレベルは相応に高くなる。井上対エルナンデスのテレビ解説を務めた2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(28歳・三迫ジム)も、同じ路線を歩んでいる。

 井上の場合は、デビュー戦から東洋太平洋ランクに名を連ねるフィリピンの国内チャンピオンを対戦相手に指名した。2戦目はタイの国内チャンピオン、3戦目は日本ライトフライ級1位、4戦目は日本チャンピオン、5戦目は東洋太平洋王座決定戦、そして6戦目が世界戦と、まったく遊びがないマッチメークといえよう。その内容と結果を考えれば、すでに井上はプロで18戦〜30戦に相当する経験を積んでいると言ってもいいかもしれない。

 ただし、この強気の育成法がリスキーなのも事実。現にロンドン五輪ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(26歳・ウクライナ)のように、昨年10月にプロデビューし、今年3月のプロ2戦目で世界戦に挑戦して敗れたケースもある。井上の戴冠試合をリングサイドで観戦した元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史氏は、「5回と6回にエルナンデスの反撃を受けて苦しんだ分、貴重な経験を積めた」というが、不安も口にしている。「もしも相手が目を切って出血していなかったら、もしも相手がエルナンデスよりもタフだったら、もしも相手がエルナンデスよりもパンチ力があったら――と考えると、手放しで喜んでばかりもいられない。井上が世界の舞台でスターになりたいのであれば、なおさらのこと」と語った。同感である。

 井上はデビュー前から、「強い選手と戦っていきたい」と、大橋秀行会長にハード路線を志願したほどの男である。試合後、「具志堅(用高/元WBA世界ライトフライ級王者)さんの13度防衛を超えるのが目標」と明かしたように、慢心せず、これをスタートラインと考えているはずだ。ただ、井上がトレーナーを務める父親や大橋会長、ジムのスタッフらとエルナンデスを研究したように、今後は世界中の猛者やそのブレーンたちから井上は研究されることになる。正面から井上と渡り合うことを避け、反則ぎりぎりのラフ行為でリズムを崩そうとする選手も出てくるはずだ。この先、思わぬダメージを被(こうむ)ったり、出血に悩まされたりという苦しい試合も出てくることだろう。また、年齢を重ねるごとに減量も過酷になっていくことが予想される。

 そんな未経験の試練を、井上尚弥はどう乗り越えていくのか――。ただ、20歳の新チャンピオンは、それすらも楽しみにさせてしまうほどの逸材なのである。

原功●文 text by Hara Isao