<男子世界ランキング>
 6日付の最新男子世界ランキングが発表された。
 先週開催された「シェル・ヒューストン・オープン」でツアー初優勝を挙げたマット・ジョーンズが前週の90位から41位へジャンプアップ。またジョーンズにプレーオフで敗れたマット・クーチャー(米国)が11位から7位に、単独3位のセルヒオ・ガルシア(スペイン)が8位から6位に順位を上げている。
 日本勢の最高位は松山英樹の26位。次いで石川遼の78位となるが、それぞれ前週から1つランクを下げている。

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(9.07pt)
2位:アダム・スコット(8.42pt)
3位:ヘンリク・ステンソン(8.09pt)
4位:ジェイソン・デイ(6.96pt)
5位:フィル・ミケルソン(6.30pt)
6位:セルヒオ・ガルシア(6.30pt)
7位:マット・クーチャー(6.10pt)
8位:ジャスティン・ローズ(5.99pt)
9位:ローリー・マキロイ(5.98pt)
10位:ザック・ジョンソン(5.77pt)
26位:松山英樹(3.90pt)
41位:マット・ジョーンズ(2.68pt)
78位:石川遼(1.78pt)
89位:小田孔明(1.58pt)
103位:片山晋呉(1.48pt)
121位:谷原秀人(1.30pt)
160位:池田勇太(1.03pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
あなたのマイ・ベストマスターズは何年大会!?☆アダム・スコット、ポロシャツプレゼント
【タケ小山コラム】「マスターズ」はドラマが生まれる“魅せるための舞台”
松山もコース入りできず「残念」 11年ぶりにマスターズ練習日初日が中止
ビッグバーサ、SLDRなど話題のクラブをぞくぞく試打!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」