【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第1話「のたり松太郎」(ネタばれ注意)

写真拡大

●のたり松太郎

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口 松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中 清(駒田中 清):塩屋浩三
南 令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾 留次:島田敏
島田:二又一成
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
ここは昭和も30年半ばの長崎の炭鉱町。そこにいる20歳過ぎの老けた不良中学生の坂口 松太郎。彼はぐうたらな日々を送っているのに何故か学校には真面目に?通っています。その理由は、

南 令子先生!

美人でお淑やか、松太郎より5歳年上。確かに彼ならずとも憧れてしまいますね!
●坂口 松太郎、やりたい放題!
坂口 松太郎「ウホッ!いい女…。」
南 令子「坂口君、また島田先生に叱られるような事をしたのね。駄目よ。」


担任の島田先生に職員室を追い出されるも、

坂口 松太郎、照れ隠しにドアを破壊する!

当然のように午後の授業をサボり、近所のおばちゃんに悪態をついて水をぶっかける!そして幼いきょうだいのキャンディを奪い取る!正に傍若無人ぶりを遺憾無く発揮!
●働く松太郎
坂口 松太郎「西尾のじっさん、いるか〜!」

西尾のじっさんとは炭鉱で働く初老の男性。松太郎は良く炭鉱に行っては彼の弁当を盗み食いしていますが…。

西尾 留次「松の字、またわしの弁当を食ったな!」
坂口 松太郎「弁当?さっきその辺の野良がウロチョロしてたな!」
西尾 留次「犬が梅干食うか!」


とは言え、西尾のじっさんにとっては松太郎は貴重な戦力。彼のおかげで残り少ない石炭採掘による儲けが得られるわけで…。

その途中、トラックで来た木材屋の社長を投げ飛ばし、しかも、

松太郎、トラックを破壊!
●坂口 松太郎、逮捕される!
坂口 松太郎「石炭はいくらで売れたって聞いてるんだよ!」
西尾 留次「700円とちょびっとかな?」
坂口 松太郎「おい、さっき千円札が見えたぞ!いくらなんでも100円は無いだろ!」


結局、西尾のじっさんは松太郎に夕飯をたかられ石炭売りの儲けが殆ど吹き飛ぶ始末。

坂口 松太郎「見せてやろうか、俺のか・の・じょ!」

彼は泥酔した勢いで先程の材木屋のトラックを乗っ取り、南 令子の家に向かいます。

南 令子「坂口君?」
坂口 松太郎「色っぽいだろ、この女!」
西尾 留次「えらいべっぴんさんだな、おい!」

松太郎は勢いだけで南 令子を連れ去り、トラックでドライブ!

あまりの出来事に、

南 令子、失神!

彼女にキスをしようとする松太郎ですが、トラックが銭湯の女湯に突っ込み、

坂口 松太郎と西尾 留次、婦女暴行と誘拐の罪その他によって逮捕される!

私も久しぶりに「のたり松太郎」を見ましたが、無茶苦茶なんですが何処か憎めない坂口 松太郎と後に彼の妻となる南 令子先生のコントラストがまた懐かしくて楽しかったです。

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アウトブレイク・カンパニー」第12話「策士、加納慎一」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト