眞鍋かをりのマネートーク連載「眞鍋流」。今回は、アベノミクスはFX会社に何をもたらしたのか、そしてこのビッグウェーブに乗り遅れちゃった人の復活戦はあり得るのか、株式会社FXトレーディングシステムズの取締役、人見正延氏に聞いた。

 * * *
眞鍋:アベノミクスによる円安という大きな波に乗れなかった投資家も多いと思うんですよ、やっぱり躊躇しちゃった方とか。いまからだと、やはり“出遅れた感”はありますよね?

人見:いや、逆に私はまだこれからだと思っています。1年〜1年4か月年前、アベノミクスが始まってすぐの円安相場は、行き過ぎた円高の調整という部分が大きかったのですが、今回の円安相場は、ドル高に対する純粋な為替としての円安。まだまだその動きは始まったばかりですから、まったく遅いということはないと思います。

眞鍋:なるほど、一定期間内の円安でも性質が異なるんですね。 御社の商品「FXブロードネット」についてお話を伺いたいのですが、業界全体が盛り上がる中でも口座数が伸びているということは、かなり評判が良いということですね。

人見:おかげさまで。特に、1000通貨単位で取引が可能という点を支持いただけているようですね。他社さんでも「1000通貨単位から」というところはいくつかありますが、1万通貨単位での取引とまったく同じ条件でできるというところはまだ少ないと思います。

眞鍋:初心者の人にはもちろん、軍資金が寂しい人にもうれしいですね。

人見:そうですね(笑)。FXって、8割くらいの方が始めてすぐにやめてしまうといわれているんです。おそらく、そのような方は早い時期に大きな損失を出してしまったのだと思うのです。

眞鍋:怖くなってしまいますものね。

人見:その初期の大損失を回避できれば、FXに対する恐怖心を必要以上に抱かずに長く続けていただけるのではないかな、と思うんです。実際、長く続けて習熟している個人投資家さんほど、成績が良い方が多いです。ですから初心者の方には1000通貨単位でトレード自体に慣れて、理解を深めていただきたい。

眞鍋:そのために「FXブロードネット」があるんですね。「私は1万通貨単位でバリバリトレードをしたい」という方には、どんなメリットがありますか?

人見:コストの低さも強みなんです。スプレッドなら例えばドル/円なら0.3銭と業界でいちばん狭い水準でご提供しています。取引量が多くなればなるほど、コスト面は成績に影響してきますので、当社の低コストはお客様のメリットに直結できているのではないでしょうか。

眞鍋:びっくりしたのですが、御社の母体はシステム会社さんなんですね。

人見:そうなんです。そのため、当社の商品およびサービスに向けられたお客様のお声をいち早く反映することが可能です。

眞鍋:それは大きな強みですね。ユーザーにとっても頼もしいと思います。これからどんどん業界が盛り上がるにつれて、初心者の方の参入も増えると思いますが、そういった方々に対してのサポート面はいかがでしょうか。

人見:初心者の方がしっかり基礎を学んでいただけるようなサービスを提供したいと考えているところです。みなさんがおっしゃるほど、FXはギャンブルではありませんので、一定レベルの知識を身につけていただいて、適正な取引を行なっていただければ、きっと徐々に成績は伸びていくと思います。

眞鍋:FXって孤独な戦いというイメージですから、それが不安な方も多いのだと思います。しっかり指導してくれるサービスがあると嬉しいですね。

※マネーポスト2014年春号