雷雨のため練習ラウンド中止…月曜中止は11年ぶり(撮影:ALBA)

写真拡大

<マスターズ 事前情報◇7日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 10日(木)に開幕を迎える、米国男子メジャー初戦「マスターズ」。トーナメントウィークに入ったこの日から、いよいよパトロンを入れての公開練習日がスタートした。しかし、この日は雷雨のため10時過ぎに練習ラウンドが中断すると、天候は午後に入ってさらに悪化。そのまま再開されることなくコース自体のクローズが発表された。

 今大会唯一の日本勢となる松山英樹は10時前にコース入りする予定だったが、コースへ向かう道のりの途中で中断の報を聞き宿舎にUターン。関係者を通じて「残念です」と語った松山は、当初ドライビングレンジで調整後様子を見てハーフの練習ラウンドを予定していたが、この日はヤーデージブックのチェックとトレーニングで調整を行い残りの時間は休養に充てた。
 なお、この日のチケットは5月に払い戻され、その際2015年の練習日のチケットを優先的に購入できる権利も付与される。マスターズ委員会・会長のビリー・ペイン氏は「パトロン達が練習日を楽しめなかったことに失望しているが、安全面を最優先にした」とコメントした。月曜日の練習ラウンドが中止となるのは2003年以来11年ぶりとなる。
 今年の「マスターズ」はタイガー・ウッズ(米国)の初の欠場によりアメリカ国内での関心もやや低めだが、トーナメントウィーク初日から思わぬ逆風が吹いた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない
【日本ゴルフ界再生計画】消費税増税にゴルフ界はどう対応すべきか