クルム伊達公子が、現役再チャレンジを表明したのは、2008年4月7日のことだった。早いもので、活動を始めてから6年が経過したことになる。

「6年やるとは思わなかった」

 これが今のクルム伊達の本音だ。彼女自身はもちろん、多くのテニス関係者が同じ思いではないだろうか。約12年のブランクを経て、ワールドテニスの現場に37歳で復帰。誰もが「彼女はどれだけプレーできるのか?」と当初は懐疑的だった。それが今や、世界のトップ100入りを果たし、グランドスラムにも出場。現在もトップレベルで活躍し続けている。

 3月下旬に出場したWTAマイアミ大会では、本戦のカットオフランキングが79位だったため、WTAランキング93位のクルム伊達は、予選からの出場となった。予選1回戦で2時間32分、予選決勝で2時間36分、彼女は連日タフな戦いを強いられ、足をけいれんさせながらも勝ち抜くと、5年連続の本戦出場を果たした。

 マイアミ大会は96ドローで、128ドローの4大メジャーより本戦ストレートインが難しい。その分、予選のレベルが高く、グランドスラムの1、2回戦を戦っているようなものだ。

「精神的にも当然タフだし、足のけいれんと向き合うことも簡単じゃない。ある意味、マイアミはグランドスラムよりタフ。予選といっても、予選と呼んでいいのかというぐらい。その中で、予選を2回勝てたというのは大きい。たとえ20歳でも、予選を連続で二戦、三戦戦えば、テープを巻いたり、どこかが痛いと言ったりするのが普通なので、(まして43歳で)そこを戦い抜けたことが、周りから言わせると、『もう十分だ』と(笑)。十分って言ったらおかしいですけど、あの2試合(予選)を勝ち抜いていることで、普通じゃないと言われました」

 こう語ったクルム伊達だったが、3日連続の試合となった彼女に、本戦1回戦を万全の状態で戦う余力は残っていなかった。予選を勝ち上がった18歳のドンナ・ベキッチに6−7、2−6で敗戦。2年連続の初戦突破はならなかった。だが、足にけいれんを起こし、臀部(でんぶ)の筋肉が固まって思うようにコートで走れなくとも、連戦を戦い抜けたことがクルム伊達にとっては収穫だった。

「3日連続でシングルスをやって、当然疲れが残った部分はありましたけど、3試合できて、これぞツアーと感じさせられたマイアミだったかな」

 シングルス敗退後、幸運なことにダブルス1回戦まで2日間空き、クルム伊達は体の治療と体力の回復に努めた。

「とにかく寝て、食べて、マッサージして、針治療。じっとし過ぎても、筋肉が固くなってしまうけど、あんまり動き回る元気もない。とにかく回復できる要素になるもの、できることをやることしかできなかった。2日空いたのは、ラッキーだった」

 ダブルス1回戦では、組んで2大会目となるバルボラ・ザハロバ−ストリコバとのコンビネーションが良く、第1シードのシェ・スーウェイ/パン・シューアイ組を、6−2、7−6で破る金星を挙げ、勝負強さを披露した。

「私たちは決してパワーの二人ではないのに、お互いのやろうとしていることが見えたり、引き出せたり。それを二人でできていることがプラスになっている」

 こう振り返ったクルム伊達は、昨年から、「機会があればザハロバ−ストリコバとダブルスを組んでみたい」と話していたという。疲労の蓄積が大きかったクルム伊達組は2回戦で力尽きたが、今後もこのコンビで続けていく予定で、グランドスラムでも一緒にプレーする。クルム伊達もザハロバ−ストリコバも、攻撃的なネットプレーがより有効になるであろうグラス(天然芝)シーズンを楽しみにしている。

 今のクルム伊達にとって、ダブルスはルーティーンのようなもの。もちろん43歳で単複をこなすのは体力的に簡単なことではないが、楽しみながらテニスの感覚を養っていくために、必要不可欠なものになっている。新パートナーとの新たなダブルスを構築しつつ、クルム伊達は、100位付近に落ちたシングルスでも、再浮上を目指している。

「今年に入って、すごくテニスがいいわけでもないし、悪いわけでもないという状況が続いている。こういう試合を一つ一つやっていく中で、また明るい光が見えてくる時があると信じるしかない」

 6年間続いている現役再チャレンジだが、"伊達公子時代"の現役キャリア期間である7年8カ月(1989年3月〜1996年11月)まであと2年弱となっている。

「第1キャリアの約8年まで、あと2年ですね」と語るクルム伊達に、「あと2年は続けたいですか?」と質問してみた。

「その2年が長いんです(苦笑)。1年だって長い。たしかに(第1キャリア)の半分以上やっているのはすごいかなと思う。ただ、(私の場合は)何が起こるかわからない。明日ケガをしているかもしれませんから。岐阜(2008年4月下旬に、再チャレンジの初戦となった場所)まで辿り着けているかわからない」

 そして、現役再チャレンジ7年目もクルム伊達公子のスタイルは変わらないという。

「一日一日が、勝負です」

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi