<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」終了時点でのフェデックスカップポイントランキングが発表された。
 同大会でベテラン、マット・クーチャー(米国)とのプレーオフを制しツアー初優勝を飾ったマット・ジョーンズ(オーストラリア)が前週の75位から16位に急浮上した。クーチャーも36位から15位に大きく順位を上げた。首位は変わらずジミー・ウォーカー(米国)でトップ10の選手に順位の変動は無かった。
 日本勢では同大会31位タイでフィニッシュした石川遼が1ランクダウンの28位。今週も出場がなかった松山英樹は43位に順位を下げた。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(1,966pt)
2位:パトリック・リード(1,343pt)
3位:ダスティン・ジョンソン(1,334pt)
4位:ハリス・イングリッシュ(1,253pt)
5位:バッバ・ワトソン(1,240pt)
6位:クリス・カーク(1,060pt)
7位:ザック・ジョンソン(1,031pt)
8位:マット・エブリ(994pt)
9位:ウェブ・シンプソン(971pt)
10位:ライアン・ムーア(902pt)
15位:マット・クーチャー(821pt)
16位:マット・ジョーンズ(798pt)
28位:石川遼(616pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】不思議な力
遼は31位タイでフィニッシュ、優勝はマット・ジョーンズ
【関連リンク】
いよいよ「マスターズ」ウィーク!Gボイスであなたの思い出を募集
「シェル・ヒューストンOP」のリーダーズボード
最新のギア情報&試打レポートをチェック