遼は31位Tでフィニッシュ(Photo by Justin Heiman/Getty Images)

写真拡大

<シェル・ヒューストン・オープン 最終日◇6日◇ヒューストンゴルフクラブ>
 米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」の最終日。30位タイからスタートした石川遼は3バーディ・2ボギーの“71”でラウンド。スコアを1つ伸ばしトータル3アンダー、31位タイで4日間の競技を終えた。
「シェル・ヒューストンOP」のリーダーズボード
 石川は前半で1つスコアを落としてしまうが、後半は10番でバーディを先行させる。12番と15番パー5でもスコアを伸ばすが、最終18番ではボギーを叩きホールアウト。この大会に優勝すれば「マスターズ」への切符をつかめたが、残念ながら6年連続の出場ははたせなかった。
 首位から出たマット・クーチャー(米国)とこの日“66”をマークし6つスコアを伸ばしたマット・ジョーンズ(オーストラリア)がトータル15アンダーで並びホールアウト。勝負はプレーオフに持ち込まれた。
 18番で行われたプレーオフ1ホール目、両者ともパーオンできなかったが、ジョーンズが3打を直接カップに放り込みチップインバーディを奪取。6打差の4位タイから大逆転優勝でツアー初優勝。初めての「マスターズ」出場を決めた。
 セルヒオ・ガルシア(スペイン)は2打差の3位タイに、この日“65”をマークしたローリー・マキロイ(北アイルランド)は7位タイでフィニッシュした。

【最終結果】
優勝:マット・ジョーンズ(-15)※
2位:マット・クーチャー(-15)
3位:セルヒオ・ガルシア(-13)
4位:キャメロン・トリンガル(-12)
5位:ショーン・ステファニー(-10)
6位:リッキー・ファウラー(-9)
7位T:ローリー・マキロイ(-8)他4名
31位T:石川遼(-3)他4名
※プレーオフ
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【3日目】
遼も違和感…JGTOの出場義務試合数改定 みんなの意見
【マスターズ名場面 2005年】世界をくぎ付けにした最後の一コロがり…
【関連リンク】
ゴルフ好きな美女を紹介!「美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック