最後の最後で勝利を逃した吉田弓美子(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇6日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,540ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の最終日。単独首位からスタートした吉田弓美子は2ボギーの“74”とスコアを2つ落とし、優勝には1打及ばず単独2位に終わった。

 今大会4日間常に花粉症による体調不良に悩まされきた吉田だが、「今日は元気でした」と良いコンディションでスタートを迎えた。しかし蓋を開けてみれば、辛抱強くパーを重ねるものの、一向にバーディが来ない。さらに9番ホールでボギーを先行させてしまい、この時点でトップの座を同組でプレーしたアン・ソンジュ(韓国)に譲ることになった。
 それでも難しいパーパットを沈めて粘りを見せる吉田。終盤にはアンが16番でボギーを叩き、この時点で首位タイに浮上。そのまま最終ホールを迎えた吉田だが、ここで事件が待っていた。
 「フォアキャディさんが見えなくて…前の組の人たちに本当に申し訳なかったです」
 セカンド地点がブラインドとなる18番ホールではセカンド地点にフォアキャディが待機し、ティグラウンドの選手に合図を送る。吉田たちが到着した時には、フォアキャディが見える位置に待機しておらず、自身が最終組ということもあり、吉田はオナーでティショット。しかし、実際には前の組がセカンド地点で待機しており、吉田は予期せず前の組にティショットを打ち込んでしまったのだ。
 このティショットによる事故等は起きなかったが、「少し気持ち的に影響がありましたね」と精神的に動揺してしまった吉田。セカンドショットでは堅実な攻めを続けた吉田らしからぬ3ウッドを選択し、右のバンカーに打ち込むというミスをしてしまった。
 距離のあるバンカーからのサードショットはグリーンをショート。それでも4打目のアプローチをピン横2メートルに寄せてプレーオフ進出に望みをつないだ吉田。しかし狙ったラインに完璧に打ち出したはずのパーパットはカップに蹴られ、このホール痛恨のボギー。プレーオフ進出に1打及ばず単独2位で大会を終えた。
 ラウンド後のインタビューに応えた吉田は開口一番、「最後入ったと思ったの〜(笑)」と声を上げた。実際、カップインを確信した吉田はガッツポーズを姿勢を取っていたが、ボールはカップに蹴られ、ポーズは不発に終わった。
 悔しい結果に終わった吉田だが、この日ラウンドを振り返り、「久々に最終日らしい優勝争いができて良かったと思います」と前向きにとらえている。この日は堅実な攻めが災いしてバーディを奪うことができなかったが、それも「課題が見つかった」と今後に生かす方針だ。
 「次は優勝を取れるように頑張ります」今季初勝利こそ叶わなかったが、花粉症で調子が上がらない春先にこれだけの結果を残したのは吉田の強さの証。今後は体調面の不安を解消しつつ、ギアを上げて、優勝を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
【ツアーこぼれ話】ツアーバスの意外な役割を発見!
「ヤマハレディース」のリーダーズボードはここから!
【日本ゴルフ界再生計画】消費税増税にゴルフ界はどう対応すべきか
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」