(左)ミネストローネ味、(右)クラムチャウダー味

写真拡大

総合食品メーカーの東洋水産(東京都港区)と、輸入衣料品や雑貨、オリジナル衣料品の販売を手がけるビームス(東京都新宿区)は2014年4月7日、共同開発したカップ入り即席麺「マルちゃん×BEAMSヌードル部 ミネストローネ味」「同 クラムチャウダー味」を全国発売する。

BEAMSによる親近感あるデザイン

国籍・時代・ジャンルを越えたカップ麺を目指して、ヌードル好きBEAMSスタッフからなる「BEAMSヌードル部」がフレーバーをセレクト。日本でもなじみ深いスタンダードな味「ミネストローネ」と「クラムチャウダー」を、カップ麺で手軽に楽しめるようアレンジした。

めんは滑らかでコシのある太めの角麺。「ミネストローネ味」は、チキンのうまみをベースに、トマトや玉ねぎのうまみと甘みをきかせたミネストローネ風スープ、「クラムチャウダー味」は魚介のうまみをベースに野菜の甘みを加え、粉乳とチーズパウダーでコクを出したチャウダー風スープを合わせた。内容量は88グラム(めん65グラム)。

デザインは、BEAMSによる親近感のあるものとし、欧米風の中身とは対照的に、麺食らしく丼と箸を前面に配置したほか、天面に「マルちゃん」の笑顔をあしらった。

希望小売価格は各180円(税別)。