羊かんのようなみずみずしさ

写真拡大

セイコーネクステージはセイコーウオッチから、「CABANE de ZUCCa WATCH(カバン ド ズッカ ウオッチ)」シリーズの「kanro(かんろ)」5モデルを、2014年4月25日に発売する。

和をイメージさせるディテール

デザイナー小野塚秋良さんのディレクションにより、1996年に誕生した「CABANE de ZUCCa」のウオッチシリーズ。アクセサリーや「お守り」感覚で着けられるアイテムとして、人気を集めている。

「kanro」は、みずみずしく、つややかな羊かんをモチーフにした。ケースとバンドがぽっこりと厚みがあり、お皿の上に置かれた羊かんのよう。

ダイヤル中央に枯山水のような円い溝挽き、12時位置に水羊かんのみずみずしさを表した植略字など、和をイメージさせるディテールでまとめた。専用BOXのデザインも時計と同様に、切りたての羊かんを思わせるつややかな仕立て。

ダイヤルカラーによって使われている素材が変わる。

ピンク、ゴールドタイプは、ケースとバンド両方にピンクゴールドメッキの加工を施したステンレススチール素材を使った。希望小売価格は2万円(税別、以下同)。

クリーム、ブラウンタイプは、ケースにメッキ加工をしたステンレススチール素材、バンドはカーフを使った。希望小売価格は1万6000円。

ホワイトタイプは、ケースにステンレススチール素材、バンドはブラックのカーフ。希望小売価格は1万4000円。