監督が苦言「長友が冷静なら…」

ざっくり言うと

  • 5日のセリエA・ボローニャ戦に、インテルが2−2で引き分けた
  • 試合後、監督はFWディエゴ・ミリートのPK失敗を、誰にでもあると擁護
  • 一方、1失点目の場面について、「長友が冷静なままだったら」と苦言を呈した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング