写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●表参道にある美容室の新店舗「artifata GINZA KABUKIZA店」ドワンゴは4日、本社オフィス内にドワンゴ社員向け美容室「artifata GINZA KABUKIZA店」をオープンした。これまでにも社員向けに女子マネージャーによるラジオ体操などのユニークな試みを行ってきたドワンゴだが、なぜ美容室だったのか。記者発表会で実際のデモンストレーションを見ることができた。

今回ドワンゴ社内にオープンした「artifata GINZA KABUKIZA店」は、表参道に店舗を持つ美容室「artifata(アルティファータ)」の新店舗。同店には表参道店からスタイリストが常時2名出勤する。営業時間は14:00-21:00で、完全予約制。内装は思っていたよりもずっと本格的で、スタイリッシュな店内はドワンゴ社内というよりも「artifata」そのものだ。

サービスを受けられるのは、ドワンゴと関連会社の社員のみ。福利厚生の一環でもあるため、ドワンゴが料金の一部を負担することで、社員は通常料金よりも安くサービスが受けられる。価格等は公開されていない。カット以外にもカラーやヘッドスパなど、「artifata」と同じメニューが提供される。

社員向けの美容室を社内に設置しようという話が出たのは2013年夏頃のことだという。発案者はドワンゴ会長の川上量生氏で、artifata代表のCHIKA氏がドワンゴ荒木社長と親しい間柄だったことから同店のオープンが決定した。

この社内美容室の提案を受けたとき、CHIKA氏がまず思ったのは「面白そう」だったという。1999年頃のカリスマ美容師ブームを牽引し、数々の著名人のヘアやメイクを担当してきたCHIKA氏のモットーは「常に新しいことに挑戦すること」。ニコニコ動画はこれまであまり見たことがなかったというが、「ドワンゴさんはアバンギャルドな会社という印象」だったのだとか。美容業界とIT業界がこういった形で関わることで「何か新しい化学反応が起きるかもしれない」と期待を寄せる。

とはいえ、ドワンゴによれば「高度経済成長期には、大企業や官庁のオフィスに床屋があることは珍しくはなかった」という。今回の試みは、そうした「オフィス×床屋」の良さを現代版にリ・デザインしたものだ。この日は実際に3名のドワンゴ社員が登場し、カットとスタイリングのデモンストレーションが行われた。

席について、カットがスタートする。一見すると普通の美容室だが、そこはニコニコ動画のドワンゴらしい仕掛けがあちこちに隠されている。

●オシャレに生まれ変わったドワンゴ社員の皆さんまず、ミラーの上には着脱式のカメラが、シャンプー台エリアの天井には固定カメラが設定されており、髪を切っている最中でもニコニコ生放送を配信することができる仕組みだ。もちろん、普段から社員のカットの様子を全公開するわけではない。この美容室を使った公式のニコニコ生放送が今後行われる可能性があるということだ。たとえば著名人を招いて、カットしながらのトーク番組や、スタイリング実況放送などを予定しているという。

さらに、Wi-Fiや電源、足置き、PC用の移動式デスクも設置されており、髪を切りながらデスクワークや打ち合わせなどもできるという。もともとドワンゴ社はフリーアドレス制を採用しており、この美容室もそうした「フリーアドレス」の一つになるというわけだ。

また、社員だけが使う美容室なので、他部署の社員と席を並べて一緒に紙を切るという状況も想定できる。そこから社内のコミュニケーション活性化につなげる狙いもある。許可さえとれば、平日の仕事中に髪を切りに行っても問題はない。

デモンストレーションでは実際にカットの様子を公式のニコニコ生放送で放送しながら、時に「どんな髪型にするか」をユーザーアンケートで決めるなどのユニークな試みも行われていた。

カットを終えて、さっぱりとした爽やかな雰囲気になったドワンゴ社員・サービス企画開発部の設楽氏は「これならオシャレなカフェに一人で行ける。視界がはっきりして仕事にも集中できる」と満足げ。CHIKA氏がカットを担当した女性のニコニコ生放送デザイナーの山崎氏も「ちょっと切っただけなのにすっきり。丸顔を生かしていただいて」とにっこり。シャンプーとスタイリングのサービスのみを受けた政治ニュース担当・高橋氏は「シャンプーをしない方がハゲないと聞いて、半年間シャンプーをしていなかった。久しぶりにシャンプーをしてもらって気持ちよかった。心なしかオシャレになった気がする」と、こちらも満足そうな表情を浮かべていた。

今後の公式ニコニコ生放送では、美容室からのちょっと変わった放送が見られるかもしれない。

(山田井ユウキ)