今回から株主優待を導入したテンポスバスターズは、
株主優待利回り8%超!

 4月は株主優待実施件数の少ない月だが、今期からの新設銘柄もあれば株主優待を拡充した銘柄もあるなど、チェックすべきポイントはいろいろ! 下記の表では、そんな4月株主優待の注目銘柄をピックアップした。

        【表1】4月の注目株主優待銘柄

主な株主優待内容 最低投資
金額
優待/予想配当
利回り
1 【会社名(コード)】アイ・ケイ・ケイ(2198)/【確定月】4月
【株主優待内容】
100株で1500円相当、1000株で3000円相当、
5000株以上で5000円相当の自社特選焼き菓子など
8万9000円 1.69%
2.25%
【備考】他に、レストラン(「ラ・ロシェル」など)で利用可能な食事株主優待券3枚も
2 【会社名(コード)】伊藤園・優先株(25935)/【確定月】4月
【株主優待内容】
100株で1500円相当、1000株で3000円相当の自社製品詰め合わせ
18万3700円 0.82%
2.61%
【備考】保有株数に応じて、自社通信販売商品の割引も受けられる
3 【会社名(コード)】くらコーポレーション(2695)/【確定月】4月
【株主優待内容】
100株で2500円分、200株で5000円分、
500株以上で1万円分の株主優待券
20万9700円 1.19%
0.57%
【備考】「無添くら寿司」で利用可。200株以上は、オリジナル商品詰め合わせも選択可能
4 【会社名(コード)】テンポスバスターズ(2751)/【確定月】4月
【株主優待内容】
100株以上で「あさくま」で使える1000円分の食事券8枚、
または800円分の買物券8枚
9万5400円 8.39%
0.52%
【備考】今期から株主優待導入。優待利回りは食事券で計算。買物券は自社店舗で利用可
5 【会社名(コード)】ロック・フィールド(2910)/【確定月】4月
【株主優待内容】
100株で1000円分、300株で3000円分、500株で5000円分、
1万株で1万円分などのそうざい券
19万4200円 0.51%
2.06%
【備考】「RF1」「神戸コロッケ」など全国のロック・フィールド店舗で利用可能
6 【会社名(コード)】東和フードサービス(3329/【確定月】4,10月
【株主優待内容】
500円分の優待食事券を、100株で4枚、200株で7枚、
600株で14枚など(4月末の場合)
25万5900円 1.37%
0.98%
【備考】100株の場合、10月末の株主優待券は3枚(200株以上は4月末と同じ)。自社商品詰め合わせの選択も可能
7 【会社名(コード)】トーシン(9444)/【確定月】4,10月
【株主優待内容】
100株で直営携帯ショップでの割引料金適用+
自社グループ運営ゴルフ場での特別料金適用+
平日1ラウンド無料プレーなど
6万300円
3.32%
【備考】利用可能なゴルフ場は、トウキョウノースヒルズゴルフコースなど全4カ所
※株主優待内容、最低投資金額、利回りは4月2日終値時点


 まず注目したいのが、今期から株主優待を導入したテンポスバスターズ(2751)。9万5400円(4月2日終値で計算、以下同)の投資金額で、「ステーキのあさくま」などグループの飲食店で利用できる優待券が8000円分、またはテンポスバスターズの買物券6400円分がもらえる。テンポスバスターズの店舗は、プロ向けの厨房機器などが中心だが、調理器具など一般でも利用できる商品も扱っている。

 株主優待利回りは、買い物券で6.71%、食事券ならなんと8.39%にもなる。飲食店、テンポスバスターズの店舗とも、出店地域が限られているが、利用できる地域ならばかなりお得度は高いと言えるだろう(ちなみに、現段階ではテンポスバスターズの通販では利用できないので注意したい)。

 また、今期より株主優待を拡充したのが回転ずしの「無添くら寿司」を展開するくらコーポレーション(2695)。これまでは100株で1500円分の株主優待券だったが、今回から約1.6倍の2500円分に! くら寿司の商品は一皿100円(税抜)が多い株主ので、株主優待券で20皿以上も食べられる計算だ。

 一方、直近で株主優待を廃止した銘柄や株主優待実施時期を変更した銘柄も。スリープロ(2375)は4月2日に株主優待廃止を発表、またワインが株主優待品の巴工業(6309)は今回から株主優待実施時期を10月末に変更している。うっかり間違えないようにしよう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)