王氏が憂う日本プロ野球の劣化中央社フォーカス台湾

王氏が憂う日本プロ野球の劣化

ざっくり言うと

  • 王貞治氏が、現在のプロ野球選手の選球眼に苦言を呈している
  • 「今の打者は打数が多いが、自分の時代は四球を選び選球眼が良かった」とした
  • 王氏は「選球眼やコントロールが二の次になっている」と指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング