<シェル・ヒューストン・オープン 2日目◇4日◇ヒューストンゴルフクラブ>
 米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」の2日目。この大会に優勝し奇跡の「マスターズ」出場を狙う石川遼は3アンダー38位タイからスタートした。
「シェル・ヒューストン・オープン」のリーダーズボード
 石川は4番パー5でバーディを先行させるが、続く5番でボギーとしイーブンパーで折り返す。後半は11番で1.5メートルのパーパットを外しボギーが先行。最終18番でもセカンドショットをバンカーに入れると寄せきれずにスコアを後退させてしまった。
 石川はこの日1バーディ・3ボギーの“74”でホールアウト。スコアを2つ落としトータル1アンダー55位タイに順位を落としてしまった。辛うじて予選は通過したが、首位とは11打差と大差がつき、「マスターズ」への切符獲得はかなり厳しい状況となった。
 この日“65”のビッグスコアを叩き出したセルヒオ・ガルシアが初日の8位タイからトータル12アンダーで単独首位に急浮上。1打差の2位にはマット・クーチャー(米国)がつけている。
【2日目の順位】
1位:セルヒオ・ガルシア(-12)
2位:マット・クーチャー(-11)
3位T:マット・ジョーンズ(-8)
3位T:キャメロン・トリンガル(-8)
3位T:ショーン・ステファニー(-8)
3位T:ジミー・ウォーカー(-8)
7位T:スティーブ・ストリッカー(-7)
7位T:ベン・カーティス(-7)
55位T:石川遼(-1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【初日】
【関連リンク】
国内男子ツアー義務試合数改定…これって改良?改悪?
美人ゴルファーたちを紹介!「今日の美ゴ女」
国内女子ツアーではLIVE写真館実施中
最新のギア情報&試打レポートをチェック