<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇4日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,540ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の2日目。午前中こそ小雨がパラつく程度の好天に恵まれたこの日だが、午後に入ってからは天候が悪化し、強烈な突風や気温の低下、断続的な降雨が選手たちを苦しめた。

 そんな中、とりわけ多くの選手がスコアメイクに苦戦したのが葛城ゴルフ倶楽部の難関“9番ホール”だ。2日目のラウンドだけで実に47人の選手がボギー以上のスコアを叩いており、トリプルボギーを叩いた森田理香子をはじめ、このホールのミスによって上位争いから後退してしまった選手も少なくない。
 そもそも9番ホールの難しさはポテトチップス状、いわゆる“馬の背”になったグリーンにある。セカンドショットでほんの少し落とし所をミスしただけで、グリーンを転がり落ちてしまうし、しっかりパーオンしたとしてもシビアなパッティングが残ることになる。しかもこの日のピン位置はグリーンの左手前になっており、ピンと同じ高さの左右にボールを置いてしまうと、アプローチでもパッティングでもパーをセーブするのは容易ではない。
 さらに、ただでさえ難しいピン位置に拍車をかけたのが午後から吹き始めた突風だ。
 ここで1つエピソードを紹介しよう。2日目の午後組アウトスタートトップからスタートした笠りつ子、金田久美子、一ノ瀬優希の組が9番グリーンにやってきた時のことだ。セカンドショットをグリーン右に外した金田のアプローチはピン左上8メートルほどの地点、カップに対して下りの傾斜に止まった。
 これをマークし拾い上げた金田は、自身のパットの番でボールをグリーンに置こうとしたのだが、そのボールがどうしても止まらない。その理由は、9番グリーンが風の抜けが良く、午後から吹き付けた突風をさえぎる物が少ないことにある。つまり、傾斜に置かれたボールが突風によって動かされてしまうため、傾斜を下ってしまうのだ。
 結局、競技委員を呼んで対応を検討した金田だが、風が弱まってボールが止まったところでプレーするしかなく、グリーン上に到着してからホールアウトするまで10分以上の時間を費やすことになった。
 ここまで厳しい状況に遭遇した選手は多くないだろうが、葛城ゴルフ倶楽部屈指の難グリーンと突風の組み合わせには多くのトップ選手たちが神経を磨り減らすことになった。明日からは天候もピンポジションも変更になるが、今後も9番ホールが大会の結果を左右する重要な分岐点となることは間違いない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
首位陥落の森田理香子が悪天候から得た“教訓”
吉田弓美子、“得意の長尺”で我慢のゴルフ!2位タイで決勝Rへ
【日本ゴルフ界再生計画】消費税増税にゴルフ界はどう対応すべきか
ゴルフが好きな美人が集合 「美ゴ女」を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」