<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇4日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,540ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の2日目。6アンダー単独首位からスタートした森田理香子は5バーディを奪ったものの、5ボギー・1トリプルボギーと崩れ6位タイに後退した。

 午後から吹きつけた突風が女王の歯車を狂わせた。12時9分にアウトコースからスタートした森田は1番ホールでいきなりボギーが先行。続く2番でバーディを取り返したが、5番から連続ボギー。続く7番をバーディとしたものの、9番でまさかのトリプルボギーを叩き、前半だけで4つスコアを落としてしまう。
 巻き返したいを図りたい森田だったが、後半も13番でボギーが先行。続く14番でもボギーを叩いてしまいトータルイーブンパーまで後退した。しかしこれで終わらないのが森田の女王たる所以。15番で10メートルのパットを沈めて反撃の狼煙を上げると、上がり2ホール連続バーディを奪取。なんとか3アンダーまで巻き返すことに成功し、トータル3アンダー6位タイと優勝圏内に踏みとどまった。
 この日は午前中こそ小雨がぱらつく程度で、風もあまり強くは吹かなかったが、午後からは天候が悪化し、強烈な突風、そして気温の低下や断続的な雨が選手たちを苦しめた。実際、ラウンド終えた森田は開口一番、「疲れました…」と話し、その表情には深い疲労の色が浮かんでいた。
 結果として首位の座から陥落した森田だが、「明日から風はどうなるかわからないけど、今日を経験したから落ち着いた気持ちでできると思う」とこの日散々苦しめられた悪天候も今後の“教訓”として捉えている。また「(スコアを崩したのが)今日で良かった。まだ2日ありますし」とこの日のラウンドを引きずることなく、気持ちを切り替えて明日からのプレーを見すえている。
 競技はまだ予選ラウンドを終えたばかり。この日優勝争いから一歩後退した森田が残る2日間でどのような逆襲を見せるのか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、“苦手な初日”に7バーディ奪取で単独首位!
フォン・シャンシャンが単独首位発進!日本勢は6選手は苦戦
遼、1月以来のノーボギー!3アンダー38位タイ発進
ゴルフが好きな美人が集合 美ゴ女を見てね
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」