4月4日からV・プレミアリーグ男子2013〜14シーズンのファイナルラウンドが始まる。ファイナルラウンドに駒を進めたのは、レギュラーラウンド首位のパナソニック、2位堺、3位JT、そして4位に最終戦でセット率ぎりぎりで滑り込んだ東レ。4チームが3連戦で総当たりし、上位2チームによって13日に決勝戦が行なわれる。

 ここ数年、4強の顔ぶれは常に同じだった。しかし、今季はJTサンダーズが8季ぶりに進出を決めた。JTは1930年代に創部され、第1回日本リーグから参加している唯一の男子チーム。非常に伝統があり、かつてはミュンヘン五輪で金メダルを獲った時の司令塔、猫田勝敏も所属していた。

 しかしこのチームには悲願がある。これほど長い歴史を持ちながら、創部以来一度もリーグ優勝を果たしたことがないのだ。それどころか昨季までの7年間は下位に低迷。一昨年のシーズンにはなんと入れ替え戦を経験するまで落ち込んだ。そんなチームがなぜ今季、再び浮上することができたのだろうか。

 要因を二つ、挙げることができる。一つは今季から指揮を執る、セルビア人のブコビッチ監督の手腕。クラブチームの監督はもちろんのこと、セルビア代表、エジプト代表など、数々の代表監督を経験してきた。そしてもう一つは、セリエAを3シーズン経験して、サントリーから移籍してきた越川優の存在だ。越川は今季、サーブ賞と日本人得点王を獲得。それぞれで過去の日本記録を塗り替えた。

 昨年の覇者、堺ブレイザーズのゴッツこと石島雄介は、「JTの監督に限らず、外国人監督っていうのは、日本人監督に比べて、良いプレイ、悪いプレイの評価を明確にする。そして、日本人選手というのは基本的に勤勉ですよね。今季のJTは、その外国人監督の明確さと、日本人選手の勤勉さが上手くかみ合っている例だと思います」と述べる。

 また、パナソニックのベテラン、川村慎二は「4強の常連だった頃のJTは、外国人選手と日本人選手のバランスがとれていた。ここ7年はそれがちょっと崩れて、外国人選手に頼りすぎるところがあった。今季の躍進は、個人的には越川の加入が大きいと思います。大砲が2枚になったことで当然ブロックも分散するし、サーブ力も高い。それに越川個人のプレイがいいというだけでなく、彼が入ったことによって他の選手の意識がすごく高くなったと感じます。だからケガ人が複数出ても、チーム力が落ちない」と分析する。

 ブコビッチ監督も「越川優と契約したことは、JTのタイトル獲得に対する真剣さを表している」と認めている。監督は、チームを指揮する上で最も大切なこととして、「メンタリティ」を挙げていた。

「7年間も低迷していたチームの意識を改革するのは大変でした。その意味で、越川がプレイ面以外でもリーダーシップを発揮してくれているのは間違いない」

 越川自身はこう語っている。

「去年対戦した時のJTの印象は、正直いって『相手としては楽だな』というものでした。今季、チームに初めて合流した時も、どこか甘さを感じました。『これだけのメンバーがそろっていて、なぜ勝てないんだ』という気持ちでした。今季は、ヴィスコ(ブコビッチ監督)がまず、意識改革に取り組んだことが大きかったかな。もちろん練習の方法なんかも細かいところまで変えていっているし、それを実践して、勝つたびに『これで正しいんだ。これで勝てるんだ』と、みんなが自信をつけてきている。自分の役割については、プレイは当然のこととして、それだけではなくチームを引っ張っていくことも期待されているのはわかっています」

 8季ぶりのプレイオフにむけて、ブコビッチ監督は「チームの中でファイナルラウンドを経験したことがある選手が非常に少ない。まず、セミファイナルの3連戦という特殊なスケジュールをどうマネジメントするかが非常に重要になってくるだろう」と思案する。

 数少ないファイナルラウンド経験者であるリベロの酒井大祐は、「そうは言っても入社1年目と2年目のことなので、自分もいっぱいいっぱいで、当時のことはあまり覚えていません。初戦が勝負になってくると思うので、当時を思い出して伝えるというより、新しい気持ちで挑みたい」と語る。

 また、今季からスタメンに抜擢された司令塔の井上俊輔は、レギュラーラウンド終了直後、「(ファイナルラウンドは)初めての経験なので、緊張とわくわくだったら、今は6対4で緊張の方が勝っています。実は僕、すごく緊張しいなので、今季ずっと出場し続けていても、毎週毎週、月曜になるとものすごく緊張しちゃうんですよ。それをだんだん試合に向けて慣らしていくという繰り返し。だからたぶん今は6対4で、試合直前には9対1くらいでがちがちに緊張してると思いますが、それを通り越してきっと開き直ってやれると信じています(笑)」と、胸を張った。

 悲願の初優勝に向けた戦いが始まる。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari